脱毛コラム

Column

公開

髭にブラジリアンワックスを使うリスクと危険性

髭にブラジリアンワックスを使うリスクと危険性

ブラジリアンワックスを髭の脱毛に使いたい、というニーズはたくさんあります。しかし、ブラジリアンワックスのような刺激が強い脱毛方法で髭脱毛をしてもよいのでしょうか?当記事では、髭にブラジリアンワックスを使うリスクと危険性について解説します

目次

  1. ブラジリアンワックスでの髭(ヒゲ)脱毛はNG!
  2. 髭(ヒゲ)にブラジリアンワックスを使う危険性
  3. 髭(ヒゲ)にブラジリアンワックスを使った体験談
  4. ブラジリアンワックス以外の自宅での髭(ヒゲ)処理について
  5. 髭(ヒゲ)を一時的に隠す・薄く見せる方法3選
  6. 髭(ヒゲ)を長期的に薄くする・無くす方法
  7. 髭(ヒゲ)脱毛が初めてなら脱毛サロンがおすすめ
  8. ブラジリアンワックスは髭以外に使おう!

ブラジリアンワックスでの髭(ヒゲ)脱毛はNG!

ブラジリアンワックス

「ブラジリアンワックス」とは、温めたワックスを皮膚に塗布し、冷えて固まったところを毛と一緒に一気に引き剥がす脱毛法のことを言います。手軽に行えることから、髭脱毛の自己処理に良いのではないか?と期待を抱く人が多い方法です。

しかし、ブラジリアンワックスは、固まったワックスを引き剥がすときに毛穴や皮膚に強いダメージを与えてしまうため、デリケートな部分である髭には使用してはいけません

さらに、ブラジリアンワックスは髭を5ミリほど伸ばさないと使えない脱毛方法なので、そもそも髭を伸ばせない職業の人には難しい脱毛方法です。

この記事では、「髭にブラジリアンワックスを使うとどんなリスクがあるのか」、またその「危険性」についても説明します。

さらに、「どんな脱毛方法が、髭脱毛に最適なのか」についても紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

髭(ヒゲ)にブラジリアンワックスを使う危険性

危険性

ここでは、ブラジリアンワックスを使って髭脱毛をしたときに起こりうる危険性について説明します。

肌荒れ (乾燥、粉吹きなど)

肌荒れ

ブラジリアンワックスを使って髭脱毛をした場合刺激により肌の組織を引き剥がしてしまうことが考えられます。これが原因で肌の角質層が荒れて水分を保持できなくなるため肌の乾燥や粉拭きといった肌荒れがおこると言われているのです。

肌荒れは、通常は数日で治りますが、治るまでは常に肌がデリケートな状態にあるので注意が必要です。肌荒れをしてしまったら、保湿剤で乾燥を防ぎ、肌を保護しましょう。

洗顔時の洗い方にも注意をし、手のひらでやさしく泡をすべらせるようにしてやさしく洗うようにしましょう。

出血 (内出血も含む)

ブラジリアンワックスの刺激によりダメージを受けて毛穴が出血することや、肌の内側にある毛細血管も一緒にダメージを受けて内出血を起こすこともあると言われています。

内出血を含む出血は、適切なケアーをすれば通常は数日で治ります。出血してしまったら、傷口を流水(水道水でOK)で洗浄し、傷が浅ければすぐに止血しましょう。

なかなか血が止まらないときは、清潔なタオルやガーゼでおさえて圧迫します。

止血できたら、消毒薬や絆創膏を使って傷口を保護しましょう。

痛み

痛み

ブラジリアンワックスを引き剥がすとき刺激は非常に強く、使う部位に関わらず毛が抜けるときに激しい痛みを伴い、特に髭は薄い顔の肌に生えているので、ほかの部位よりも痛みを感じやすいと言われています。

痛みの症状は一時的なことが多いですが、引き剥がすときの刺激により肌や毛穴が傷つき、炎症や出血などを起こすこともあります。

炎症や出血がおきた場合、程度が軽く、止血や消毒などのケアーを適切に行った場合は数日間で完治するでしょう。症状がひどい場合は、受診が必要になることもあります。

埋もれ毛

埋もれ毛とは、毛が毛穴の外に出てこなくなり、皮膚のなかで伸びてしまう症状です。

ブラジリアンワックスにより毛穴が刺激を受けたときに、皮膚の防衛反応で「かさぶた」のような膜が作られることが原因です。この膜が毛穴を塞ぎ、毛が毛穴のなかでとぐろを巻いた状態になります。

埋もれ毛を治すには、適切なケアーが必要です。即効性がある手段として「毛抜きなどで自力で抜く」方法がありますが、毛穴にばい菌が入る危険性があるためおすすめできません。

おすすめのケア方法は、「スクラブやピーリングで角質をきれいにして毛を引き出す方法」や、「肌の保湿を毎日行い、再生機能を整えて埋もれ毛を出しやすくする方法」です。即効性はないものの、肌自体がきれいに整い、埋もれ毛も次第に解消します。

ケアーをしても繰り返す埋もれ毛には、脱毛をして毛自体をなくして治す方法が良いでしょう。

毛嚢炎

毛嚢炎

毛嚢炎とは、ニキビに似た白っぽく小さいおできのようなもので、皮膚の常在菌である「ブドウ球菌」が毛穴に入り込むことが原因でおこると言われています。

ブラジリアンワックスを引き剥がすときの刺激で肌の細胞がめくりあがり、ブドウ球菌が毛穴に入り、毛嚢炎ができることがあります。

毛嚢炎は、数が少なく症状が軽い場合は、基本的に治療はせず自然に治るのを待ちます。毛嚢炎の数が多く痛みを伴う場合には、病院で処方される抗菌薬(化膿止めの飲み薬)を3~4日間服用して治すこともあります。

髭(ヒゲ)にブラジリアンワックスを使った体験談

体験談

髭にブラジリアンワックスを使った場合、どのような状態になることが多いのでしょうか?

ここでは、実際にブラジリアンワックスを使って髭脱毛をした人の体験談を紹介します。

男性
男性

かなりの激痛に悶絶

評価:

あご髭にブラジリアンワックスを付けて全抜きをしたら、かなりの激痛。悶え死にそうになりました。もう、ブラジリアンワックスを使って髭脱毛はしません!

男性
男性

内出血と肌荒れがおきた

評価:

ブラジリアンワックスで髭脱毛をしてみました。一気に引き剥がしたからか、内出血と肌荒れが同時におきてしまい…かなり悲惨な状態になりました。肌が弱い人は、絶対にやめた方が良いと思います。

男性
男性

髭を伸ばさないと脱毛できない

評価:

髭が1mmしか伸びていないときにブラジリアンワックスで髭脱毛をしてみた。結果、全く効果なしです。ある程度髭が伸びていないと髭脱毛はできないみたいですね。

男性
男性

痛みが怖くて剥がせない

評価:

ブラジリアンワックスでの髭脱毛。かなりの痛みが予想できて剥がす勇気がない。剥がせば髭がきれいに無くなるのはわかっていても、痛みが怖すぎる。

ブラジリアンワックスで髭脱毛をした体験談は、「痛みが強すぎる」「使用後に肌荒れがおきた」「髭を伸ばさないと脱毛できない」という内容のものがありました。

痛みに関する体験談は多く、痛みが強すぎて回数をこなせば慣れるものでもないようです。

また、使用後に肌荒れや内出血がおきるといった肌トラブルからは危険性も、うかがえます。

やはり、ブラジリアンワックスでの髭脱毛は肌に重大なダメージを与える可能性が有るため「やめたほうがよい」ということが、口コミからもわかります。

ブラジリアンワックス以外の自宅での髭(ヒゲ)処理について

ブラジリアンワックス以外の方法で、自宅で髭の処理ができる方法はあるのでしょうか?

脱毛テープ

自宅で髭処理をできる方法として、「脱毛テープ」があります。脱毛テープは、ドラッグストアなどでも比較的低価格で購入でき、使用後は10日程度は脱毛効果が感じられるため、手軽に取り入れる人が多い脱毛方法です。

しかし、脱毛テープは髭脱毛にはおすすめできません。理由として、テープを剥がすときに毛穴に雑菌が入り込み、炎症を起こしやすいからです。これがきっかけで、埋もれ毛や毛嚢炎を引き起こすこともあります。

ほかには、テープにより肌にかぶれや痒みがおこることや、繰り返し使うことで保護作用が働いてメラニンが生成され、色素沈着がおこることもあります。

これらの危険性があることから、髭脱毛に脱毛テープは使用しない方が良いでしょう。

除毛クリーム

除毛クリーム

「除毛クリーム」とは、毛のようなタンパク質を溶かす作用があるアルカリ性のクリームのことです。肌に直接塗ることで、表面に出てきている毛を溶かして除毛します。

手軽に用意できて即効性があり、カミソリよりも深く毛を処理できることから、髭脱毛に除毛クリームをすすめる声も珍しくありません。

しかし、除毛クリームは髭脱毛に使用できません。なぜなら、除毛クリームは肌に直接塗るので肌に直接ダメージを与えやすく、炎症や肌荒れ・アレルギーを引き起こすことがあるからです。

また、誤って目に入ると失明する可能性もあるので大変危険です。

さらに、このような危険を伴いつつも、髭のような太い毛に使用すると十分に除毛できないこともあります。

これらの理由から、除毛クリームは髭に使用するのはやめておきましょう。

>>髭に使用できる除毛クリームは無い!?除毛の仕組みや危険性について解説

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

「家庭用脱毛器」も、一度購入してしまえば自宅で気軽に脱毛でき、効果も長持ちするとして人気がある処理方法です

しかし、家庭用脱毛器での髭脱毛は、「痛みが強い」「思ったよりも効果を感じにくい」といった点からおすすめできません。

痛みが強いうえに思ったよりも効果を感じられないと、自然と自己処理から遠ざかりやすく、気づいたら使うのをやめていた…ということも珍しくありません。

また、「購入費用が高い」「自己処理による肌トラブルにつながるリスクが高い」という点も注意が必要です。

これらの点から、髭脱毛を家庭用脱毛器でするのはおすすめできません。ほかの脱毛方法を選んだ方がよいでしょう。

>>家庭用脱毛器のメリット・デメリット

髭(ヒゲ)を一時的に隠す・薄く見せる方法3選

髭を一時的に隠す

BBクリーム

「BBクリーム」とは、化粧下地とファンデーションの両方の機能を果たすクリームです。初心者でも手軽に使えて、簡単に髭を隠すことができます。また、ドラッグストアやコンビニエンスストアでも購入することができ、費用も安く済みます。

カバー効果があるので、髭以外の部分の肌もきれいに見える点は魅力です。

しかし、塗るだけでカバーはできるものの、効果は一時的です。メイクが崩れたら髭が目立つので、一日で何回も塗り直しが必要になり、手間がかかります

さらに、髭が濃すぎる場合はカバーしきれず、うっすらと髭が見えてしまうこともあります。長期的に髭を隠したい場合には、別の方法を考えた方が良いでしょう。

髭剃りの回数を増やす

髭剃り

髭剃りの回数を増やせば髭自体が減るので、効果があると言われています。また、シェーバーを使えば簡単に剃れるので、手軽に髭を隠すことができるでしょう。朝だけ処理をしていた人が、髭剃りの回数を朝・夕方と2回にするだけで、見た目は大分変ります。

ただし、この方法は、単純に自己処理を増やすということなので、人によっては面倒に感じることもあるでしょう。また、自己処理が増えることで肌に与えられる刺激が増え、傷つくリスクも増える、といったデメリットもあります。

一時的に髭剃りの回数を増やすのであれば有効な手段ですが、長期的に行うのは大変な方法だといえるでしょう。

大判マスクで隠す

一時的に髭を隠す方法として「大判マスクで隠す」方法もあります。これは、マスクをすれば良いだけなので、非常に簡単です。

ちょっとした外出や買い物時に隠すのであれば、大判マスクだけで十分なこともあるでしょう。おまけに、喉の保湿もできるので、風邪予防にも効果的です。

しかし、この方法は、当然ながらマスクをとれば髭が見えてしまうので、本当に一時しのぎでしかありません。仕事中などでマスクをとることが多いのであれば、もはや髭は隠す手段にはなりません。

応急処置的な方法として使用するにとどめた方がよいでしょう。

髭(ヒゲ)を長期的に薄くする・無くす方法

レーザー脱毛

医療レーザー脱毛

髭を長期的に処理する方法として、「レーザー脱毛」があります。レーザー脱毛は、医療機関である病院やクリニックで行う脱毛方法です。

黒色に反応する医療レーザーを直接肌に照射することで毛の生える仕組みを壊し、毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

レーザー脱毛の場合は、レーザーの照射出力が非常に高いため、永久的に毛が生えてこなくする効果に期待できます。

髭がツルツルになるまでには平均して8回程度の照射が必要で、費用は10万円~40万円くらいと病院やクリニックにより波があります。

レーザー脱毛のメリットは、照射出力が非常に強い脱毛機を使うので、早く脱毛が完了するという点があります。

また、医師が常駐している医療機関で脱毛ができるので、万が一肌トラブルがあってもすぐに治療を受けることができる安心感を感じる方も多いようです。

デメリットは、回数が増えるごとに脱毛料金が高額になりやすい点が挙げられます。また、照射出力が強い分、非常に強い痛みを感じることもあります。

光(フラッシュ)脱毛

フラッシュ脱毛

光(フラッシュ)脱毛とは、エステや脱毛サロンでうけることができる脱毛方法です。

医療機関で受けることができるレーザー脱毛と同様、黒色に反応する光(フラッシュ)を肌に直接照射することで毛の生える仕組みに働きかけ、脱毛をします。

レーザー脱毛のような永久的な脱毛効果はありませんが、しっかりとした減毛効果を感じられます

光(フラッシュ)脱毛で髭をツルツルにするには、個人差があるものの20回前後の脱毛が必要です。

料金は、12万円~30万円ほどに設定しているサロンやエステが多いですが、回数無制限コースを用意していて、お得に利用できる店が多いのも特徴です。

光(フラッシュ)脱毛のメリットは、レーザー脱毛よりも出力レベルが低いので、照射による痛みが少ない点です。髭は痛みを感じやすい部位なので、痛みが少なければ脱毛に対する恐怖心も抱かなくて済みます。

ほかには、頻繁に脱毛に通うことで肌がいつもツルツルに保てる点や、回数無制限コースにすれば、脱毛完了まで追加料金なしで安心して通うことが出来る点も挙げられます。

クリニックに比べると低料金のサロンが多いので、初めての脱毛でも気軽に試すことができるでしょう。

デメリットとしては、レーザー脱毛に比べると脱毛回数が多くなる点が挙げられます。

>>光脱毛とレーザー脱毛の違いについて~レーザー脱毛の特徴とは

>>フラッシュ(光)脱毛によるヒゲ脱毛のメリット・デメリット

髭(ヒゲ)脱毛が初めてなら脱毛サロンがおすすめ

脱毛サロン

料金がお手頃で始めやすい

脱毛サロンは、「初回お試し価格」「キャンペーン価格」などで脱毛料金をお手頃価格に設定しているところが多いので、脱毛が初めてでも手軽に低料金で脱毛を始められます

脱毛を始めようと思っている人のなかには、「色々なサロンで脱毛を試してから通うサロンを決めたい」「試しに脱毛をしてみて続けて脱毛するか決めたい」という人も多いことでしょう。

脱毛サロンであれば、気軽にお手頃価格で始められるので、そのような方にもぴったりです。

豊富なプラン

脱毛サロンは、「口髭」「あご髭」「もみあげ」など、細かい部位まで脱毛箇所が分かれており、単発で脱毛が可能です。単発で気になる部分だけ脱毛できるので、お試しもしやすいといえるでしょう。

さらに、「すっきりするまで全箇所を脱毛したい」といったケースや、「口髭とあご鬚は少し残してあとはツルツルにしたい」といったデザイン脱毛をしたいケースでも、ひとりひとりに合わせた希望通りの脱毛が可能です。

脱毛サロンは豊富な脱毛プランを用意しているところが多いので、さまざまなニーズに柔軟に対応してくれます。

痛みが強くない

痛みが強くない

脱毛サロンの脱毛は、レーザー脱毛に比べると痛みが強くありません。一般的に痛みが出やすいといわれる「髭」や「VIO」という部位であっても、脱毛サロンの光(フラッシュ)脱毛であれば、痛みが少ないので安心して脱毛をうけることができます。

また、脱毛の回数を重ねるごとに毛量が減っていくので、さらに痛みは減っていきます。「痛みに弱い」「肌がデリケート」という人は特に、脱毛サロンでの脱毛をおすすめします。

男性専門サロンが多い

脱毛サロン「男性専門サロンが多い」という点も魅力のひとつです。特に髭脱毛は、男性に多い毛質や肌質に合わせた脱毛が行われないと効果も軽減してしまいます。

男性専門サロンの場合、男性の髭に効果が高い脱毛機を使用し、高い技術を持ったスタッフが脱毛を行うことが多いため、髭を効率的になくすことが可能です。

また、男性専門サロンは男性スタッフが常駐していることが多いので相談もしやすく、通いやすいというメリットもあります。

脱毛完了後も通い放題プランでお得に脱毛可能

クリニックのレーザー脱毛の場合プランの脱毛回数が決まっていて、その回数のなかで脱毛が完了しなかった場合は追加料金が発生することも珍しくありません。その都度お金がかかってしまうので、トータルで支払う金額が高くなる可能性があります。

一方、脱毛サロンでは「通い放題プラン」があるところが多く、トータルでかかる金額が安くなり、お得に脱毛ができます。

また、通い放題なので常にツルツルの状態を維持することができ、結果的にレーザー脱毛よりも永久的な効果を感じやすいといえるでしょう。

ブラジリアンワックスは髭以外に使おう!

ブラジリアンワックス

この記事では、髭にブラジリアンワックスを使うリスクと危険性について説明しました。

ブラジリアンワックス思い立ったときに気軽に使うことができるので良い脱毛方法のような気がしますが、脱毛時に肌に与える刺激は強く、肌トラブルを招きやすい脱毛方法であることがわかりました。

ただでさえデリケートな部位である髭には、ブラジリアンワックスを使うのはやめましょう。ブラジリアンワックスを使う場合は、比較的肌が厚く強い部位で、少しずつ試してみましょう。

髭脱毛は、肌にやさしく刺激が少ない光(フラッシュ)脱毛のような安全な方法できれいに脱毛することをおすすめします。

ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛
ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛