ヒゲ脱毛・メンズ脱毛ならメンズクリア
公開

光脱毛でシミが消える?シミが濃くなるとの噂は?

光脱毛でシミが消える?シミが濃くなるとの噂は?

光脱毛を検討する人の中には、シミがあるので利用できないのではと心配になる人がいます。反対にシミは光脱毛で消せるのではないかと考える人もいます。光脱毛をするときにはその時の状態によって、脱毛方法を選択することも大事なため、シミがあるときの光脱毛を利用する注意点を見ていきましょう。

メンズ脱毛のお得情報

【メンズクリア】

人気NO.1 ヒゲ脱毛初回限定1,000円

【ダンディハウス】

初回体験が5000円(税抜き)!

【メンズリゼ】

ヒゲの永久脱毛が月々3000円から

脱毛くん
脱毛くん

はじめまして!メンズ脱毛のお得情報について紹介しましたが、いかがでしょうか?メンズ脱毛経験者の私が、オススメするメンズクリアは、様々なキャンペーンも行なっているので要チェック!メンズクリア以外にも他のサロン・クリンニックの料金比較もしているのでぜひ見て頂きたいです!

メンズクリアのキャンペーンはヒゲ脱毛 通い放題コースがかなりお得になっています。

先着10名限定となっていますのでお早めに!!

加えて初回は最大80%OFFの1000円でヒゲ脱毛ができます。

既に脱毛を始められている方は通い放題コース・これからの方は初回限定料金で体験してみてはいかがでしょうか。

メンズクリアの公式サイトへ

【メンズ脱毛】 サロン・クリニックの料金比較

クリニックサロン

ヒゲ脱毛

VIO

すね毛

メンズクリア

5,980円

(1回あたり)

16,225円

(1回あたり)

15,800円

(1回あたり)

RINX

5,980円

(1回あたり)

21,000円

(1回あたり)

15,800円

(1回あたり)

ゴリラクリニック

11,466円 

(1回あたり)

44,000円

(1回あたり)

30,000円

(1回あたり)

メンズリゼ

19,960円

 (1回あたり)

19,960円

 (1回あたり)

19,900円

(1回あたり)

ダンディハウス

22,000円 

(1回あたり)

22,000円 

(1回あたり)

22,000円

(1回あたり)

メンズTBC

26,000円

(200本) 

対象外

26,000円

(200本) 

メンズクリア初回限定最大80%オフとお得なキャンペーンを行っております。

新店舗拡大中でキャンペーンが多くお得な時期なのでメンズクリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ヒゲ脱毛ならメンズクリアへ!

メンズクリア

サロン名

メンズクリア

脱毛料金

ヒゲ脱毛 5,980円(1回あたり)

VIO 16,225円(1回あたり)

すね毛 15,800円(1回あたり)

営業時間

12:00〜21:00(定休日:水曜日)

メンズクリアの公式サイトへ

目次

  1. シミがあると光脱毛はできないの?
  2. 光脱毛でシミが薄くなる理由
  3. 光脱毛はシミだけじゃなくそばかすも消える?
  4. シミが薄くなる光脱毛の種類
  5. 光脱毛でシミができる・濃くなると言われる理由
  6. 光脱毛ができないシミの種類
  7. シミがあっても光脱毛OK!まずカウンセリングで相談しよう

シミがあると光脱毛はできないの?

光脱毛でシミが薄くなる理由

メンズクリアでは光脱毛を行っています。

シミがある部分も光脱毛をすることはできます。ただし、シミがあるときに光脱毛ができない場合もあります。

光脱毛ができないときとは、どのようなケース詳しくみていきましょう。

光脱毛でシミが薄くなる理由

光脱毛

光脱毛の美肌効果

光脱毛をすることは肌にとてもよいので美肌効果が期待できます。なぜ光脱毛をすることで美肌効果が期待できるのでしょうか。

まずは、光脱毛がどのような仕組みとなっているのかみていきましょう。

光脱毛はレーザー脱毛と同様に毛根部分に光を照射させ働きかけます。そして特徴は色素が濃いものほど、光が反応しやすいということです。

光を照射させる方法なので、かみそりのように肌に負担はかかりません。また、光脱毛には肌を引き締める効果もあるので、毛穴を目立たなくする効果もあります。

そのため、黒ずみなどや毛穴の開きと言った心配がないので、美肌効果が期待できるといわれているのです。

ターンオーバーを促す

よく言われているように、肌にはある一定の期間で生まれ変わるサイクルがあります。

皮膚の奥に生成されたシミがターンオーバーされるたびに、皮膚の表面に浮き上がってきます。そして古くなった皮膚はやがてはがれ落ちます。

このターンオーバーがあることで表面の肌(角質)が新しいものへと変わることができ、古い角質ははがれるのです。

光脱毛がターンオーバーを促すことで、皮膚の奥にあったシミが表面に上がり、シミのある皮膚層がはがれシミが薄くなる効果が期待できます。

アフタージェルの保湿効果

アフタージェルの保湿効果

光脱毛は光を照射するため、照射された部分が熱を持ちます。そのため、脱毛後は冷却用ジェルを使用してクールダウンさせる必要があります。

実はこの冷却ジェルを使用することは、肌をクールダウンさせるほかに「保湿」や「引き締め」効果があるのです。そのような効果のある成分を紹介します。

  • 加水分解コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • グリチルリチン酸2K

また、脱毛後は照射したことによる水分喪失を補うため、保湿をすることが大事です。保湿をしっかりと行うことで肌の状態もよくなります。

光脱毛はシミだけじゃなくそばかすも消える?

シミだけじゃなくそばかすも消える?

そばかすの仕組み

光脱毛はシミを薄くする可能性があると紹介しましたが、シミと似ている「そばかす」も薄くなるかと言うと、少し違うようです。

それは、シミとそばかすの仕組みが異なるからです。シミは紫外線の影響で後天的にできるものであることに対して、そばかすは遺伝的な理由で生成されることが多いです。

よって、そばかすが光脱毛で薄くなることはあっても、消えることは難しいかもしれません。

そばかすも薄くなる可能性

エステで行われる光脱毛とクリニックで施術されるフォトフェイシャルには、類似点があります。その類似点について解説していきます。

クリニックで施術されるフォトフェイシャルは単一レーザーを用いて行われます。シミやそばかすなどの箇所にピンポイントで照射します。そのため、脱毛後は数日間のケアが必要です。

光脱毛は同時に広範囲の脱毛が可能です。ピンポイントの脱毛ではないので、脱毛した日からメイクなども可能です。つまり、光脱毛との違いは照射する面積とアフターケアとなります。

IPL脱毛はフォトフェイシャルの治療に使用される方法でもあり、シミやそばかすを薄くする効果を期待できるといえましょう。

一方で類似点はと言うと、光脱毛もフォトフェイシャルもターンオーバーを促す働きがあることです。ターンオバーが正常であれば、そばかすも目立たなくなります。

脱毛を止めると濃くなることも

光脱毛はレーザー脱毛などと比べると、出力が弱めなので肌の奥まで届きません

そのため、脱毛を停止してターンオーバーがすすむと奥に潜んでいたシミが表面に現れることがあります。この表面に出てきた場合が、シミが濃くなったと思われる理由です。 

シミが薄くなる光脱毛の種類

光脱毛の種類

シミに効果が期待できる光脱毛には4つの種類があります。

  • SHR脱毛
  • IPL脱毛
  • ハイパースキン脱毛
  • SSC脱毛

それぞれの脱毛方法が受けられる場所と得られる効果について紹介します。

SHR脱毛

IPL脱毛

ハイパースキン脱毛

SSC脱毛

得られる美容効果

毛穴の引き締め

肌のハリを出す

シミやそばかす

ニキビ跡

しわ

コラーゲン生成

アトピーやニキビ肌

肌の柔軟化効果

鎮静効果

受けられる場所

エステ

サロン

エステ

サロン

エステ

サロン

エステ

サロン

それぞれの脱毛の特徴や得られる効果についてを紹介します。

SHR脱毛

SHR脱毛の仕組み

SHR脱毛の脱毛とは、Super Hair Removable(スパーヘアーリモベイブル)の略称で、またの名を蓄熱式脱毛とも言います。

IPL方式は乳頭細胞に働きかけ、SSC方式はジェルとフラッシュの相乗効果で脱毛しますが、SHR脱毛の照射はバルジ領域と呼ばれる部分にアプローチする方法です。

SHR方式は弱い光を連続して照射して、熱を貯めてダメージを与える仕組みです。

SHR脱毛の特徴

SHR脱毛の特徴は、 IPL脱毛とは違い色の黒いもの以外にも効果があることです。

例えば金髪や白髪などの色素が薄いものにもの効果があります。また、日焼けした肌でも照射できるのも特徴です。

メリット

SHR脱毛のメリットとはどのようなものがあるのか紹介します。

  • 日焼けをしていても照射が可能
  • 白髪や金髪にも効果がある
  • 短期間で脱毛を完了できる
  • 痛みが少ない

SHR脱毛は毛包と呼ばれるところにアプローチする方法なので、毛根細胞などの色の濃いものを刺激するものではありません。そのため、日焼けをしている肌でも照射ができるのです。

そして毛周期に関係なく照射をするため、最短2週間で次の予約を取ることができます。他の脱毛方法では1~2か月ほどの期間を開ける場合がほとんどなので、SHR脱毛は完了までの期間が短いということになります。

さらに、照射方法が蓄熱式のため痛みが少なく肌にかかる負担が少ないです。

デメリット

SHR脱毛にはどのようなデメリットがあるのか紹介します。

  • 扱っているサロンが少ない
  • すぐに効果が出ない

SHR脱毛は新しい脱毛方法のため、取り扱うサロンが少ないです。

また、IPL脱毛やSSC脱毛とは異なるアプローチ方法なので、脱毛効果を実感するまでに時間がかかります。

初めてから2回ほどでは効果が少ないですが、回数を重ねるごとに効果が得られるという特徴があります。

IPL脱毛

IPL脱毛はインテンスパルスライトの略称で、毛の先端から根元にかけて熱が伝道し毛根にアプローチさせる方法です。濃い色のものの方が光が反応しやすいので、産毛よりも濃い毛の方が効果を得られやすいです。

また色の濃いものに反応するので、IPL脱毛は日焼けをしていたり肌の色が黒いと照射ができません。

しかしメンズクリアでも取り入られているこのIPL方式は、4つの光脱毛の中では脱毛効果は一番高いです。

SSC脱毛

SSC脱毛はスムーススキンコントロールの略称で、専用のジェルを使用した光脱毛方法です。

ジェルに含まれる成分と光脱毛との相乗効果を期待したものです。光(フラッシュ)の熱によって開いた毛穴からジェルの成分が浸透して毛根部分に働きかける仕組みです。

SSC脱毛の光はジェルに反応するタイプのため、肌に大きなダメージを与えません。

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛の特徴は、子供でも利用可能なほど肌への負担が限りなく少ないというところです。

他の脱毛方法にはないハイパースキン脱毛の照射にはコラーゲンを生成促進する要素があります。したがってハリやくすみと言った肌トラブルにも効果が期待できます。

光脱毛でシミができる・濃くなると言われる理由

シミが濃くなると言われる理由

口コミなどで「顔脱毛後にシミが濃くなる」などありますが、光脱毛がシミを濃くするということはありません。

光脱毛後に何かしらの原因により、シミが濃くなったと考えられます。

【理由その①】脱毛後に紫外線を浴びた

紫外線を浴びた

光脱毛の後は肌がダメージを受けやすい状態です。脱毛後に紫外線を受けることでシミに繋がりやすくなるので、UV対策をするなどしっかりと保湿をする必要があります。

ただし日焼け止めクリームはデリケートな肌の状態には使用しないことをおすすめします。代わりに日傘や帽子といったものを利用して、紫外線対策をしましょう。

【理由その②】脱毛後に肌ケアが不足していた

肌ケアが不足していた

脱毛の後の肌はデリケートな状態で肌ケアがとても大事になってきます。

保湿をするなどの肌ケアを怠ることで、炎症となるケースやターンオーバーが促せない場合があります。

それぞれの光脱毛の種類によって対策方法が異なるので把握しておきましょう。

IPL脱毛

SSC脱毛

SHR脱毛

冷却

保湿

ハイパースキン脱毛

保湿

【理由その③】肌の奥のシミが出てきた

シミには肌の表面に見えるものだけでなく肌の奥にもシミがあります。

光脱毛を行うことで新陳代謝が促進されて奥のシミが出てくる場合があるため、シミができたと思われるケースがあります。

さらにやけどをシミだと思ってしまうこともあり、素人では見分けがつかないものもあるので、気になる場合には脱毛したサロンへ相談しましょう。

シミは消える前に濃くなる

肌のターンオーバーによって表面に出てきたシミは、シミができたり濃くなったりと思うかもしれません。

しかしターンオーバーが進むにつれて、シミのある表面の層がはがれ、シミが薄くなったと感じたり消えたりと思うようになります。

【理由その④】実は肝斑だった

シミに似ている肝斑と呼ばれるものがあります。そのため、シミだと思っていたものが実は肝斑であったという話があります。

肝斑とシミの違いは、できる場所と形状です。肝斑は頬や目の周りにでき、輪郭がはっきりしないものが多いです。一方のシミは黒っぽい色で境界がはっきりしています。

シミは紫外線などによってできますが、肝斑はホルモンが関係しています。そのため、肝斑はレーザーでの治療が効果的で、肝斑は肝斑専用のレーザー治療や内服薬を服用するのです。

光脱毛ができないシミの種類

光脱毛ができないシミの種類

 シミと言っても種類は幾つかあり、それぞれのシミに合った脱毛方法を選択することが大切です。また場合によっては光脱毛を利用できないケースがあります。

濃いシミ

大きなシミ

盛り上がったシミ

肝斑

IPL方式

×

×

SHR方式

×

SSC方式

×

火傷の恐れあり

火傷の恐れあり

IPL脱毛やSSC脱毛は、日焼けした肌は炎症を起こしているので光脱毛の光を照射するとやけどをおこしてしまう可能性があります。そのため、日焼けをしているときは、サロンに行っても断られることがあります。

また、IPL脱毛をするときには黒いものに反応するという特徴があるので、濃い色のシミがあるときは注意が必要です。

遮光シールを使うことも

遮光シールを使うことも

光脱毛後はほくろなどに使う白いシールを使用することがあります。このシールは照射した日から14日以上貼る必要があります。

照射部分に紫外線などの刺激が加わると、シミの原因となったり炎症を起こしたりとトラブルとなるからです。

照射後のシミの部分がしっかりとかさぶたとなり、はがれるまで遮光シールを貼り続けましょう。

濃いアザにも注意

シミではなくアザがあるときは、レーザーでの治療が必要となってきます。

光脱毛ではやけどをすることも考えられるので、あざがある部分には照射されません。そのためあざのある部分はクリニックでのレーザー治療となります。

>>ほくろがあると光脱毛できない?ほくろが増えたり消えたりするってほんと?

シミがあっても光脱毛OK!まずカウンセリングで相談しよう

カウンセリングで相談

これまでのことをまとめると、シミがあっても光脱毛はできます

ただし、シミと言っても様々な種類があり、素人では分からないこともあります。

そのようなときは、メンズクリアのカウンセリングを受けて相談してから利用するといいでしょう。

ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛