ヒゲ脱毛・メンズ脱毛ならメンズクリア
更新

青髭対策(脱毛)に除毛クリームは使えない?使えるクリームはないの?

青髭対策(脱毛)に除毛クリームは使えない?使えるクリームはないの?

青髭をどうにかしたいとき、除毛クリームを使ってはいけません。今回は除毛クリームがなぜMGなのか?髭脱毛で除毛クリームを使用した場合の実際のトラブル事例も合わせて触れていきます。また、今回は除毛クリーム以外の青髭対策方法についても解説します。

メンズ脱毛のお得情報

【メンズクリア】

人気NO.1 ヒゲ脱毛初回限定1,000円

【ダンディハウス】

初回体験が5000円(税抜き)!

【メンズリゼ】

ヒゲの永久脱毛が月々3000円から

脱毛くん
脱毛くん

はじめまして!メンズ脱毛のお得情報について紹介しましたが、いかがでしょうか?メンズ脱毛経験者の私が、オススメするメンズクリアは、様々なキャンペーンも行なっているので要チェック!メンズクリア以外にも他のサロン・クリンニックの料金比較もしているのでぜひ見て頂きたいです!

メンズクリアのキャンペーンはヒゲ脱毛 通い放題コースがかなりお得になっています。

先着10名限定となっていますのでお早めに!!

加えて初回は最大80%OFFの1000円でヒゲ脱毛ができます。

既に脱毛を始められている方は通い放題コース・これからの方は初回限定料金で体験してみてはいかがでしょうか。

メンズクリアの公式サイトへ

【メンズ脱毛】 サロン・クリニックの料金比較

クリニックサロン

ヒゲ脱毛

VIO

すね毛

メンズクリア

5,980円

(1回あたり)

16,225円

(1回あたり)

15,800円

(1回あたり)

RINX

5,980円

(1回あたり)

21,000円

(1回あたり)

15,800円

(1回あたり)

ゴリラクリニック

11,466円 

(1回あたり)

44,000円

(1回あたり)

30,000円

(1回あたり)

メンズリゼ

19,960円

 (1回あたり)

19,960円

 (1回あたり)

19,900円

(1回あたり)

ダンディハウス

22,000円 

(1回あたり)

22,000円 

(1回あたり)

22,000円

(1回あたり)

メンズTBC

26,000円

(200本) 

対象外

26,000円

(200本) 

メンズクリア初回限定最大80%オフとお得なキャンペーンを行っております。

新店舗拡大中でキャンペーンが多くお得な時期なのでメンズクリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ヒゲ脱毛ならメンズクリアへ!

メンズクリア

サロン名

メンズクリア

脱毛料金

ヒゲ脱毛 5,980円(1回あたり)

VIO 16,225円(1回あたり)

すね毛 15,800円(1回あたり)

営業時間

12:00〜21:00(定休日:水曜日)

メンズクリアの公式サイトへ

目次

  1. 青髭対策に除毛(脱毛)クリームは使える?
  2. 青髭に除毛(脱毛)クリームはNG!
  3. 青髭×除毛(脱毛)クリームでのトラブル事例
  4. 青髭以外に使おう!除毛(脱毛)クリーム3選
  5. 【青髭を目立たなく】除毛クリーム以外の方法5つ
  6. 【青髭を薄くする】除毛クリーム以外の方法6つ
  7. 脱毛クリームは使わない!「青髭隠しメイク」の手順
  8. 青髭隠しに最適なメンズBBクリーム3選
  9. 青髭は脱毛クリームじゃなく脱毛サロンがベスト

青髭対策に除毛(脱毛)クリームは使える?

青髭対策に除毛(脱毛)クリームは使える?

除毛クリームは青髭対策になるのか?今回は、除毛クリームの使用可否除毛クリームの実際のトラブル事例除毛クリーム以外の青髭対策などについて解説していきます。

ちなみに、除毛クリームは脱毛クリームと呼ばれることもあります。しかし、この呼び方は誤りで、実際には脱毛クリームという製品はありません。除毛クリームが正しい表現となります。

青髭に除毛(脱毛)クリームはNG!

結論からいうと、除毛クリームは髭に使用してはいけません。その理由には肌トラブルのリスクがあります。 

肌トラブルのリスク

肌トラブルのリスク

除毛クリームは皮膚にダメージを与えます。特に髭(顔)は敏感な部位ですので肌トラブルのリスクが高いです。

ヒリヒリするような痛みを伴う肌荒れだけでなく、赤みを帯びたりかぶれてしまうこともあります。これは、除毛クリームに刺激の強い成分が含まれているからです。

洗い流そうとしたとき誤って目に除毛クリームが入ると最悪失明してしまう可能性もあります。視力障碍角膜混濁結膜角膜炎など、様々な症状に見舞われる可能性もあります。

刺激の強い成分

除毛クリームには「チオグリコール酸Ca」という成分が含まれています。この「チオグリコール酸Ca」はタンパク質を溶かす性質があります。

人の体毛の主成分は「ケラチン」というタンパク質です。除毛クリームは「チオグリコール酸Ca」がこの「ケラチン(体毛)」を溶かすという仕組みになっています。

ただし、人体にあるタンパク質は体毛だけではありません。皮膚もタンパク質の一種です。

体毛のタンパク質の割合は約90%、皮膚のタンパク質の割合は約27%となっています。除毛クリームを使用した場合、結果的に体毛が先に破壊されますが、皮膚にも確実にダメージを与えているのです。

青髭×除毛(脱毛)クリームでのトラブル事例

青髭×除毛(脱毛)クリームでのトラブル事例

除毛クリームを髭に使用した場合どんなトラブルが起きるのか、実際のトラブル事例を挙げてみました。

男性
男性

顔が痛い

評価:

使ったあとしばらくすると顔がヒリヒリと痛くなりはじめ、痛みも何日か続きました。そこまで痛くならないだろうと何も考えずに除毛クリームを使ってしまったので、使うんじゃなかったと後悔してます。

男性
男性

肌が真っ赤になった

評価:

除毛クリームを使ったら肌が真っ赤になってしまいました。お風呂上りは特に赤みが増してひどかったです。一ヵ月近く治らなかったのでむやみに除毛クリームを使わないほうがいいんだなと学びました。

男性
男性

病院に行った

評価:

赤いブツブツができてしまい病院に行ったら毛嚢炎と診断されました。医師からは毛嚢炎は悪化速度が速いので異常があったらすぐ来たほうがいいとアドバイスをもらっています。

除毛クリームを髭に使用した場合、炎症による肌荒れ(痛みや赤み、かゆみ)に襲われる可能性があります。

毛嚢炎は典型的な肌トラブルの一例です。他の症状としては、湿疹やかぶれ、やけど、ニキビ、乾燥といった肌トラブルが起きる危険性もあります。

このほかにも、塗り方を誤れば失明や潰瘍になってしまうケースもあるので、もし肌の異常を発見したのであれば、すぐに病院にいって診断を受けてください。

青髭以外に使おう!除毛(脱毛)クリーム3選

青髭以外に使おう!除毛(脱毛)クリーム3選

除毛クリームは顔やデリケートゾーンに使用する商品ではありません。しかし、安全面を考慮した部位では使用可能です。

今回は、顔以外に使う場合のおすすめ除毛クリームを3つ紹介します。

HMENZ メンズ 除毛クリーム

HMENZ メンズ 除毛クリーム

 価格 

 2,980円

 容量 

 210g 

HMENZ メンズ 除毛クリームの特徴

HMENZ メンズ 除毛クリームには肌荒れ対策として保湿成分(グリチルリチン酸2Kやアロエエキス)が含まれています。

剛毛でも対応できるうえ、使用時の匂いも控えめなのが特長です。クリームも固めなので液だれを起こしにくく、希望部位にスムーズに使用していくことができます。

抑毛成分として大豆エキスが含まれているのも特長の一つです。

HMENZ メンズ 除毛クリームは通販販売なので、薬局やドラッグストアで購入することはできません。公式サイトやAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの購入となります。

HMENZ メンズ 除毛クリーム

NULL メンズ 薬用リムーバークリーム

NULL メンズ 薬用リムーバークリーム

 価格 

 2,400円 

 容量 

 200g 

NULL メンズ 薬用リムーバークリームの特長

NULL メンズ 薬用リムーバークリームはメンズ商品ですが、女性も使えるほど肌に優しい除毛クリームとなっています。グリーンフローラルなさわやかな香りなので、使用時の匂いも気になりません。

アロエエキスやパパイン、オレンジ油、ノバラエキスなどの保湿成分が除毛後の乾燥しがちな肌にうるおいを与えてくれます。

定価は4980円ですが、今なら公式サイトのキャンペーンにより2400円で購入することが可能です。

NULL メンズ 薬用リムーバークリーム

フィス ホワイト メンズ 除毛クリーム

フィス ホワイト メンズ 除毛クリーム

 価格 

 1,880円 

 容量 

 210g 

フィス ホワイト メンズ 除毛クリームの特長

フィス ホワイト メンズ 除毛クリームは液だれしない固めのクリームです。香りは控えめで腕や足以外にも、VIOにも使用可能となっています。※ただし、髭への使用はNGです。

アロエエキス2やカッコンエキス、クロレラエキスなど保湿成分も多数含まれています。

フィス ホワイト メンズ 除毛クリーム

【青髭を目立たなく】除毛クリーム以外の方法5つ

【青髭を目立たなく】除毛クリーム以外の方法5つ

除毛クリーム以外で青髭を目立たなくする方法は以下のとおりです。

  • 髭剃り方法を変える
  • 化粧で隠す
  • 日焼けをする
  • 髭剃りの回数を増やす
  • オシャレ髭にする

①髭剃り方法を変える

髭剃り方法を変える

髭剃り方法にはカミソリ電気シェーバーの二種類があります。電気シェーバーよりカミソリのほうが深剃りできるので、剃り方を検討し直すのも青髭対策のひとつとなります。

さらにカミソリには剃り方には順剃り・逆剃り・張り手という三種類の剃り方があります。順剃りは髭の生えている向きに沿って剃る方法で、逆剃りはその反対です。

張り手とは、順剃りや逆剃りの後の仕上げとして、皮膚を引っ張りながら深剃りしていく方法で、剃り残しのチェックを合わせて行うことで綺麗に髭を剃ることができるようになります。

②化粧で隠す

化粧で隠す

化粧をすれば、青髭をある程度隠すことも可能です。使用する化粧品には以下のような商品があります。 

  • 化粧下地
  • BBクリーム
  • ファンデーション
  • コンシーラー

化粧下地は文字通りメイクの下地として肌に塗る化粧品のことです。BBクリームは化粧下地とファンデーションの働きを持ったクリームのことで、ファンデーションとはシミなどを覆い隠して肌の表面を均等に整える化粧品を指します。

コンシーラーはメンズの場合、青髭を隠す為のファンデーションのことを指します。BBクリームを塗るだけでも青髭を隠すこともできますが、やや不自然に見えるのが難点です。

組み合わせとしてBBクリームの上にコンシーラーやファンデーションを塗ると自然に隠せます。各化粧品のおおよその料金は以下のとおりです。

化粧品名

価格

化粧下地

600円~3,100円 

BBクリーム

1,300円~5,800円

ファンデーション

2,200円~6,600円

コンシーラー

1,000円~4,500円

安い物であれば揃えるのにかかる費用も5000円程度ですみますが、高い物であれば揃えるのに10000円以上かかるケースもあります。 

また、化粧品は消耗品です。継続的に化粧をするならさらに費用は膨れていくことになります。化粧で一時的に青髭を隠すことは可能ですが、常時青髭を隠すとなると将来的にかかる費用がデメリットになるでしょう。  

>>青髭隠しはファンデーションで!綺麗に隠すコツとファンデの選び方

③日焼けする

日焼けする

日焼けすれば髭は目立ちにくくなります。日焼けする方法には、日焼けサロンや自然光での日焼け、セルフタンニングローションといった方法があります。

ただし、青髭を完全に見えなくさせるわけではありません。自然光であれば季節や天候によっては上手く日焼けできない(ムラやシミの原因となる)ケースもあります。

また、日焼けによりむしろ髭が伸びるペースが速まったり、髭が濃くなるケースもあります。しわの原因にもなるので注意が必要です。

④髭剃りの回数を増やす

髭剃りの回数を増やす

髭が伸びる前に剃る(剃る回数を増やす)のも青髭対策のひとつです。髭が最も伸びる時間は午前6時~午前10時と云われています。前日お風呂の際剃っても、朝の出勤前には少し伸び始めてしまっているのです。

朝の6時に剃っても10時頃まで髭は活発に生えてきますので、気になるのであれば10時を過ぎたあたりで再度髭を剃るのもひとつの手段となります。

ただし、髭剃りは肌にダメージを与えます。あまり回数を増やすとその分肌荒れの原因にもなるので、肌荒れが悪化しないよう肌の状態を見てから剃る必要があります。

⑤オシャレ髭にする

オシャレ髭にする

思い切って髭を伸ばしてオシャレ髭にするというのも青髭対策の一つです。メリットは『青髭』という髭が生えかかっている状態を気にしないですむという点に尽きます。

ただし、オシャレ髭は似合う人と似あわない人がいます。『かっこいい』と『だらしない』のボーダーラインの見極めも難しいうえ、伸ばしっぱなしはNGです。髭を整え、不要な部分はきちんとシェービングしていく必要があります。

また、髭は伸ばすと雑菌が増えるので肌荒れや吹き出物の原因にもなっています。アフターケアも万全にしていく必要があるので、手間が増えてしまうというのもデメリットとなっています。

>>青髭を薄くしたい!目立つ青髭の対策方法を解説

【青髭を薄くする】除毛クリーム以外の方法6つ

【青髭を薄くする】除毛クリーム以外の方法6つ

①抑毛ローションを使う

抑毛ローションを使う

抑毛ローションとは、完全な脱毛ではなく、『抑毛』が目的の商品です。毛の伸びるスピードを抑えたり、毛を細く薄くする毛の発育を抑制する効果を持ったローションのことを指します。

青髭解消までどの程度時間がかかるかについては、個人差もありますが毎日欠かさず適量を使用し続ければ1~3か月程度で効果が期待できると言われています

抑毛ローションは定期購入やセット販売による割引もあります。一本あたりの金額は1,700円~7,200円程度です。

青髭改善を100%保証してくれるわけではないというのが抑毛ローションの注意点です。

②家庭用脱毛器を使う

家庭用脱毛器を使う

個人差はありますが、家庭用脱毛器を2週間に1回ペースで使用し続けた場合、最短約3ヵ月程度で脱毛効果を実感し始めるケースもあります。フラッシュタイプなら2週間に1回ペースで使用し続ければ約半年ほどで脱毛効果を実感し始めます。

価格は機器毎に料金が異なり、7,000円~71,500円とかなり幅が広くなっています。

③食生活を変える

男性ホルモンを抑制する食べ物を摂取するというのも青髭対策の一つです。髭の濃さは男性ホルモンも関係しています。

男性ホルモンを減少させることのできる食べ物としては、豆腐や豆乳、納豆、味噌、卵、ケーキ、きな粉、ザクロ、アロエ、みかん、紅茶などが挙げられます。

ちなみに肉やラーメンなどを食べると男性ホルモンが活発化すると言われています。

④ストレスをためない

ストレスはホルモンバランスをぐずす要因です。ホルモンバランスが崩れれば、男性ホルモンが過剰に分泌されます。男性ホルモンは髭を濃くする要因なので、不必要な要因は取り除いておくとよいでしょう。

家でゆっくり休んだり、マッサージなどリラクゼーションを受けることでホルモンバランスが整います。

⑤サロンやクリニックで脱毛する

サロンやクリニックで脱毛する

サロンやクリニックも脱毛手段のひとつです。サロンでの脱毛方式は光脱毛、クリニックではレーザー脱毛やニードル脱毛になります。

個人の肌の状態チェック後に脱毛を行うので、個人に合わせて機器の細かい出力調整が可能です。

ニードル脱毛で一回あたりにかかる費用相場は30,000円ほど、レーザー脱毛であれば1部位9,000円、髭全部位なら40,000円ほどとなっています。

当社では、髭脱毛10回コースで59,800円、通い放題コース(今なら10名様限定で)159,400円です。

>>脱毛サロンの選び方~「通いやすさ」から選ぶ

脱毛クリームは使わない!「青髭隠しメイク」の手順

脱毛クリームは使わない!「青髭隠しメイク」の手順

青髭隠しメイクにはそれぞれ手順や注意点があります。順に解説していきましょう。

①肌に合った色を選ぶ

肌に合った色のメイクをしない(首などの境目があからさま)と、周りの人も違和感を感じてしまいます。

青髭を隠したい場合は首との境目が分からない色を選んでいく必要があります。

②普段から保湿ケアをする

普段から保湿ケアをする

保湿ケアは肌荒れを防止したり、メイクの化粧ノリを良くしたりできるのでとても重要です。

化粧ノリが悪いとメイクが崩れてしまって不自然に見えてしまいます。日々の洗顔保湿ケアは必ず行いましょう。

③1回の量はパチンコ玉くらい

BBクリームの一回の使用量はパチンコ玉くらい(1cm程度)です。おでこや鼻先、ほほ、あごに少量ずつ均等にのせていきます。その後、顔の中心から外側へ向けてBBクリームをのばしてください。

外側の境界線が分からないくらいのばすのが理想です。生え際などは丁寧に薄く塗りのばしていきましょう。クリームを付けすぎるとのばしずらいので注意してください。

④チークで血色をプラス

チークで血色をプラス

チークは肌の見た目(血色)を良くしてくれます。特にオレンジチークは青髭やクマの色を中和します。ベージュ系の色ならフェイスラインに馴染ませて使うことも可能です。

ただし、頬に多く塗ると女性のように見えてしまうので注意が必要となります。

⑤化粧崩れはパウダーで予防

化粧自体は汗や皮脂、乾燥などにより簡単に崩れてしまいます。改善策としてパウダーを使用すると、メイクの持ちを良くすることが可能です。

パウダーとは粉で固められたファンデーションのことで、BBクリームや液体のファンデーションの後に使用することで、肌の質感も良くなります。

青髭隠しに最適なメンズBBクリーム3選

NULL BBクリーム

NULL BBクリーム

価格

単品:1,880円

2本+1本プレゼント:3,760円

容量

20g

NULL BBクリームの特徴

NULL BBクリームには以下特長があります。

  • テカらない
  • 崩れにくい
  • 自然な色合い
  • 紫外線カット(SPF30、PA++)
  • ニキビケア対応

NULL BBクリームは日本人男性の肌色に合わせた自然な色合いのクリームです。青髭だけでなく、加齢によるシミやクマを隠したいと思った時に自然な肌色に仕上げてくれます。

紫外線をカットにも対応していますが、紫外線吸収剤は使用していないので、肌に優しいBBクリームです。

また、7種のオーガニックエキス(カミツレ花エキス・ツボクサエキス・カンゾウ根エキス・チャ葉エキス・イタドリ根エキス・ローズマリー葉エキス・オウゴン根エキス)によりニキビケアにも役立ちます。

NULL BBクリーム

Menz Basic(メンズベーシック) BBクリーム

Menz Basic(メンズベーシック) BBクリーム

価格

1,670円※Amazonにて販売

容量

20g

Menz Basic BBクリームは一般的なBBクリームよりもワントーン暗い色なので、白浮きしにくいナチュラルな素肌感を演出できるBBクリームです。

皮脂の多いメンズに合わせ、テカリ防止パウダーも配合しています。メントール配合なので付け心地も爽やかです。

ヒバマタやスギナ、セイヨウ、クレマティス、アロエベラ、セイヨウキ茎などのオーガニックエキス配合により、潤いのある肌を演出することができます。

30日間の製品保証もあるので、気軽に試すことができるのも特長のひとつです。

Menz Basic(メンズベーシック) BBクリーム

ルオモ ナチュラルBBジェル

ルオモ ナチュラルBBジェル

価格

1,600円(税抜き)

容量

22g

ルオモ ナチュラルBBジェルはスキンケア間隔で使用できるタイプの無香料ジェルファンデーションです。SPF37 PA+++なのでUVカット効果もあり、さらに皮脂吸収パウダーが余分な皮脂を吸収してくてるのでテカリやベタつきを抑えます。

単体で使用した場合はクレンジングも不要なので、洗顔時は簡単に落とすことができます。

保湿成分の加水分解ヒアルロン酸や肌荒れ防止成分のセイヨウシロヤナギ樹皮エキス、肌を引き締めてくれるハマメリスエキスなどが配合されていています。

  • 自然な肌色
  • SPF37 PA+++
  • 無香料
ルオモ ナチュラルBBジェル

青髭は脱毛クリームじゃなく脱毛サロンがベスト

青髭は脱毛クリームじゃなく脱毛サロンがベスト

除毛クリームは肌トラブルのリスクがあるので、青髭対策には使ってはいけません。個人で行える青髭対策には髭剃り方法の変更や髭を剃る回数調整、メイク、日焼け、オシャレ髭、家庭用脱毛器といった手段があります。

手段は様々ですが、個人の場合肌トラブルのリスクや失敗(メイク・日焼け・剃り間違い(肌損傷))など予想外のケースに対処しきれない場合があります。

それに比べ脱毛サロンであれば、不安点を解消しながら脱毛が可能です。脱毛サロンではお客様の肌に合わせて機器を使用していくので、肌トラブルの危険性を最小限に抑えていくことができます。

青髭をどの程度解消していきたいかといった調整も可能です。当サロンでもご質問など承っていますので、不安点が残っているのであればぜひ当サロンにお声掛けください。

ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛