ヒゲ脱毛・メンズ脱毛ならメンズクリア
公開

ヒゲの埋没毛(埋もれ毛)の原因と治し方を解説

ヒゲの埋没毛(埋もれ毛)の原因と治し方を解説

顔にヒゲの埋没毛ができてしまってどう処理していいのかわからないと思う人も多いと思います。埋没毛は自己処理をしてしまうとデメリットが多くとても危険です。この記事では埋没毛の原因と治し方、予防の方法など、埋没毛の正しい処理の仕方を詳しく紹介します。

メンズ脱毛のお得情報

【メンズクリア】

人気NO.1 ヒゲ脱毛初回限定1,000円

【ダンディハウス】

初回体験が5000円(税抜き)!

【メンズリゼ】

ヒゲの永久脱毛が月々3000円から

脱毛くん
脱毛くん

はじめまして!メンズ脱毛のお得情報について紹介しましたが、いかがでしょうか?メンズ脱毛経験者の私が、オススメするメンズクリアは、様々なキャンペーンも行なっているので要チェック!メンズクリア以外にも他のサロン・クリンニックの料金比較もしているのでぜひ見て頂きたいです!

メンズクリアのキャンペーンはヒゲ脱毛 通い放題コースがかなりお得になっています。

先着10名限定となっていますのでお早めに!!

加えて初回は最大80%OFFの1000円でヒゲ脱毛ができます。

既に脱毛を始められている方は通い放題コース・これからの方は初回限定料金で体験してみてはいかがでしょうか。

メンズクリアの公式サイトへ

【メンズ脱毛】 サロン・クリニックの料金比較

クリニックサロン

ヒゲ脱毛

VIO

すね毛

メンズクリア

5,980円

(1回あたり)

16,225円

(1回あたり)

15,800円

(1回あたり)

RINX

5,980円

(1回あたり)

21,000円

(1回あたり)

15,800円

(1回あたり)

ゴリラクリニック

11,466円 

(1回あたり)

44,000円

(1回あたり)

30,000円

(1回あたり)

メンズリゼ

19,960円

 (1回あたり)

19,960円

 (1回あたり)

19,900円

(1回あたり)

ダンディハウス

22,000円 

(1回あたり)

22,000円 

(1回あたり)

22,000円

(1回あたり)

メンズTBC

26,000円

(200本) 

対象外

26,000円

(200本) 

メンズクリア初回限定最大80%オフとお得なキャンペーンを行っております。

新店舗拡大中でキャンペーンが多くお得な時期なのでメンズクリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ヒゲ脱毛ならメンズクリアへ!

メンズクリア

サロン名

メンズクリア

脱毛料金

ヒゲ脱毛 5,980円(1回あたり)

VIO 16,225円(1回あたり)

すね毛 15,800円(1回あたり)

営業時間

12:00〜21:00(定休日:水曜日)

メンズクリアの公式サイトへ

目次

  1. ヒゲの埋没毛(埋もれ毛)は撃退できる
  2. 埋没毛(埋もれ毛)とは一体?
  3. ヒゲが埋没毛になる4つの原因
  4. ヒゲの埋没毛を放置した場合のリスク4つ
  5. できてしまったヒゲの埋没毛を治す安全な方法
  6. ヒゲの埋没毛を悪化させる行為
  7. ヒゲの埋没毛を再発させないための予防対策
  8. 埋没毛(埋もれ毛)ができた男性の体験談
  9. 髭の埋没毛に関する疑問を解決
  10. 髭の埋没毛は皮膚の下で延々と成長する
  11. 埋没毛はヒゲ脱毛のときどうなる?
  12. 埋没毛の予防はサロン・クリニックの脱毛が一番
  13. ヒゲ脱毛で埋没毛が治った男性の口コミ
  14. 本気で治すなら脱毛で綺麗な肌を手に入れる

ヒゲの埋没毛(埋もれ毛)は撃退できる

ヒゲの埋没毛(埋もれ毛)は撃退できる

髭部分の黒いブツブツが何かわからず放置していませんか?それはヒゲの埋没毛(埋もれ毛)かもしれません。埋没毛(埋もれ毛)は表面に出てこず、皮膚の中で育ってしまった毛のことです。この記事では埋没毛(埋もれ毛)の原因や予防そして対策の種類を紹介するとともに、埋没毛(埋もれ毛)に対して最も有効的な解消方法をご紹介していきます。

この記事は以下の人におすすめの記事です

  • 埋没毛になる原因を知りたい
  • 埋没毛の治し方を知りたい
  • 埋没毛の予防策があるのか知りたい
  • 埋没毛に対して最も有効的な対処方法を知りたい

埋没毛(埋もれ毛)とは一体?

埋没毛(埋もれ毛)とは一体?

黒いブツブツは皮膚に埋もれている毛

みなさんは皮膚に黒いブツブツができていることがありませんか?よく見たらそれは皮膚の下に埋もれている毛で埋没毛(埋もれ毛)かもしれません。

埋没毛(埋もれ毛)は何らかの原因で毛穴から毛が出てこず皮膚の中で育ってしまった毛の事を言います。これが黒いブツブツの原因で、汚く見えてしまっています。

埋没毛(埋もれ毛)は短い毛が皮膚の上から見えているものや、長い毛がくるくると丸くなっているものなど種類があります。

埋没毛(埋もれ毛)をそのままにしておくと毛穴の炎症を起こしたり、黒ずみの原因になります。

皮膚が柔らかくて毛が太い部位にできやすい

埋没毛(埋もれ毛)は皮膚が柔らかい場所にできやすいです。埋没毛(埋もれ毛)は肌を傷つけてしまうとできやすいと言われていて、皮膚が柔らかい場所は肌が傷つきやすく、埋没毛(埋没毛)ができやすいです。そのため、顔の皮膚やワキ、Vラインなどは埋没毛(埋もれ毛)ができやすいと言われています。

ヒゲが埋没毛になる4つの原因

ヒゲが埋没毛(埋もれ毛)になってしまう原因はあります。それは毛穴にダメージを与えてしまうことです。

毛穴にダメージを与えてしまうと、人間の治癒力でダメージを負った毛穴の傷を塞ごうとし、薄いかさぶたができてしまいます。その下から新たに毛が生えてきて、新しい毛は外に出ることができずそのまま中で育ってしまい埋没毛(埋もれ毛)になってしまいます。

髭を毛抜きで抜くと毛穴が炎症を起こす

毛抜き

ヒゲを毛抜きで抜くと毛穴が炎症を起こし埋没毛(埋もれ毛)に繋がります。

毛抜きでヒゲを抜くことで、毛穴から毛がなくなり青髭がなくなると思う人もいると思いますが、毛抜きでの髭の脱毛はデメリットが多くおすすめできません。

まず、毛抜きでは永久脱毛になりません。しばらくするとまた生えてきてしまいます。また、毛抜きで抜くと毛穴はダメージを負ってしまいやすいです。すると、新しい毛が生えてきたときに、埋没毛(埋もれ毛)になってしまいます。

つまり毛抜きは埋没毛になりやすいヒゲの処理方法ですのでおすすめはできません。

誤った方法で髭剃りをしている

誤った方法で髭剃りをしている

誤った方法で髭剃りをしている人も多く、それが原因で埋没毛(埋もれ毛)になってしまう場合もあります。

誤った髭剃りの方法とはカミソリによるヒゲの逆剃りです。逆剃りとは髭の生えている方向とは逆にカミソリの刃を滑らせる剃り方で、逆剃りをすることで毛を剃る際に肌にも大きなダメージを与えています。

肌のダメージは埋没毛(埋もれ毛)の原因になってしまいます。

ヒゲを剃る場合は極力肌にダメージを与えないよう順剃りをするか、シェービング剤を使ったりヒゲを蒸しタオルで温めたりなどして刃の滑りをよくし、肌にダメージが残らないようにしましょう。

脱毛テープや脱毛ワックスによる毛穴へのダメージ

脱毛テープや脱毛ワックスで毛穴にダメージを与え、埋没毛(埋もれ毛)になってしまう可能性もあります。

脱毛ワックスはヒゲをワックスに絡め、ワックスシートを剥がすことで毛穴から一気にヒゲを脱毛する方法ですが、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

その結果、埋没毛(埋もれ毛)になってしまいます。

家庭用脱毛器は肌にダメージを与えることも

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はものによっては肌にダメージを与え、埋没毛(埋もれ毛)になる可能性があります。家庭用脱毛器の価格はピンキリで、良いものは性能もよく脱毛効果も期待することができますが、悪いものは肌へのダメージが多く、脱毛効果も実感できません。

性能の悪いものを使っていると、肌に大きなダメージを与えてしまい、埋没毛(埋もれ毛)になる原因になります。

このように埋没毛(埋もれ毛)は肌へのダメージが原因です。極力肌にダメージを与えないよう注意しましょう。

>>家庭用脱毛器のメリット・デメリット

ヒゲの埋没毛を放置した場合のリスク4つ

細菌が入り込んで化膿を引き起こすことも

細菌が入り込んで化膿を引き起こすことも

埋没毛を放置したりするのは危険です。理由の一つとして細菌が入り込んでしまい化膿してしまう可能性があるからです。

また、埋没毛を自己処理するのもよくありません。毛穴から無理に埋没毛を取り除くなど無茶な方法を取ると、そこから細菌が侵入します。細菌が入ると化膿してしまい場合によっては手術になる可能性もあります。

埋没毛があれば自己処理はせず、脱毛クリニックやサロンで脱毛するか皮膚科に相談することをおすすめします。

皮膚の中で毛が丸くなり腫れ上がる

埋没毛

埋没毛は放置していると一部毛穴から出てきたりしますが、場合によっては毛が丸くなり、そのまま成長を続けます。そうすると埋没毛が渦を巻くようになりそのまま皮膚の下から皮膚を押し上げるように膨れ上がります。

これも黒いブツブツの原因になりますし、肌触りも悪くなります。埋没毛は放置して治るものもあれば、このように治らないものもあるので、皮膚科に相談することをおすすめします。

色素沈着を引き起こす

色素沈着は、何らかの理由で肌の一部分にメラニン色素が増えてしまい黒くなってしまう症状です。色素沈着が起こる理由は様々ですが、肌へのダメージが理由のひとつです。

毛抜きでヒゲを抜いたり、カミソリで肌を傷つけていると埋没毛と色素沈着が起こりやすくなります。さらに埋没毛を自己処理しようとすると、さらに肌が傷つきさらに色素沈着と埋没毛を繰り返すようになってしまいます。

埋没毛は絶対に自己処理をしてはいけません。皮膚科に相談しましょう。

痒みや痛みなどの症状が現れる

痒みや痛みなどの症状が現れる

埋没毛の周りの皮膚が赤くなったり、しこりが出てきたり痛みを伴った場合は、細菌が侵入して毛嚢炎化膿が疑われます。その場合は必ず皮膚科の診療を受けましょう。

埋没毛に痒みがある場合もあります。これはカミソリや毛抜きなどで傷ついた毛穴が自然治癒で膜をはる際に痒みを生じるためです。また、肌の角質が傷ついて乾燥を引き起こしてしまっているため痒みが起きる場合もあります。

痒みがあってもかいてはいけません、さらに肌へのダメージを重ね炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

痒い場合は、痒み抑えるために保湿クリームなどを塗りましょう。

できてしまったヒゲの埋没毛を治す安全な方法

医療レーザー脱毛で埋もれたヒゲも脱毛

医療レーザー脱毛機

医療レーザー脱毛で埋もれた埋没毛は脱毛することが可能です。レーザー脱毛の仕組みは黒色のメラニンに反応し熱エネルギーを毛穴の奥に伝え、脱毛します。

埋没毛は皮膚の表面に透けて見えているので、レーザー脱毛機のレーザーに反応します。埋没毛でも、毛穴の奥の毛根にダメージを与え脱毛することができます。

またフラッシュ脱毛もレーザーと同じ仕組みのため、埋没毛を脱毛することができます。フラッシュ脱毛は痛みが少なく一回の費用も少ないですが脱毛するまでに多くの回数サロンに通わなければいけません。

早く埋没毛を何とかしたい人はレーザー脱毛がおすすめで、痛みに弱い人費用を抑えたい人はサロンのフラッシュ脱毛がおすすめです。

皮膚科で塗り薬を処方してもらう

皮膚科で塗り薬を処方してもらう

埋没毛対策として皮膚科に通うのも一つの手です。医師の診断を聞きレーザー脱毛をするか、塗り薬で解消していくか選ぶといいと思います。

塗り薬は皮膚を柔らかくする成分が入っていて、保湿効果もあります。皮膚を柔らかくすることによって毛穴を広げ埋没毛が外に出やすい状態を作ることができます。

蒸しタオルと保湿クリームで毛穴を広げる

蒸しタオルと保湿クリームで毛穴を広げる

蒸しタオル保湿クリームを埋没毛に塗ることで埋没毛の改善が期待できます。埋没毛は毛穴の表面が角質化してしまい、表面に出てこれなくなった毛です。蒸しタオルをヒゲに当てたり、保湿クリームを塗って保湿することで肌が柔らかくなり、毛穴が開きやすくなります。

毛穴が開きやすくなると、埋没毛が外に出てきやすくなります。改善までに時間はかかりますが、埋没毛に悩んでいる人は保湿を心がけてみましょう。

スクラブで角質除去して埋没毛を出やすくする

スクラブを上手く使うことで、埋没毛の改善が期待できます。

スクラブとは研磨剤の成分が入っている洗顔料の事をいいます。その役割は肌の古い角質を取り除き、肌のターンオーバーをしやすくするということです。

埋没毛は毛穴の上の皮膚が角質化してしまい毛穴を塞いでいます。この固まった角質をスクラブで取り除くことで肌のターンオーバーを促し、埋没毛が出やすくなることが考えられます。

ピーリング剤を利用して角質を柔らかくする

ピーリングとは古い角質を取り除き、新しい角質を再生させることです。ピーリング剤は肌の古い角質を溶かすものです。

古い角質を溶かすことで埋没毛の上にある固い角質を取り除き、埋没毛を外に出しやすくします。

ただしピーリング剤は肌の角質を溶かすものなので、敏感肌の人には刺激が強いものです。正しく使用しないと肌荒れを引き起こしてしまいます。

使用後は必ず保湿ケアをして肌荒れが起きないようにしましょう。

ヒゲの埋没毛を悪化させる行為

ヒゲの埋没毛を悪化させる行為

埋まっている毛を無理に抜く

埋没毛を無理やり抜くのは絶対にやってはいけない行為です。さらに埋没毛を悪化させることになります。理由は、無理やり抜くことで毛穴の皮膚がさらにダメージを負ってしまい、そのダメージからまた埋没毛を悪化させてしまうからです。

さらに、毛穴にダメージを与えてしまうことで細菌が侵入しやすくなります。化膿や毛嚢炎を引き起こしてしまい、場合によっては手術による切開で膿を取り除くことになってしまいます。

細かい粒子入りのスクラブで擦りすぎ

スクラブは肌の古い角質を取り除くことができ、正しく使えば埋没毛の改善につながります。しかし場合によっては埋没毛を悪化させてしまいます。

細かな粒子入りのスクラブで擦りすぎてしまうと、肌を余計に傷つけてしまいます。傷をつけることで埋没毛が悪化してしまいます。

ヒゲの埋没毛を再発させないための予防対策

ヒゲの埋没毛を再発させないための予防対策

正しい手順で髭剃りを行う

埋没毛の原因は肌へのダメージです。埋没毛の予防対策の大前提は肌を極力傷つけないことです。そのために毎日の髭剃りは正しい手順で行うことが大切です。

カミソリを使った正しい髭剃りの方法は以下の手順です。

  1. 洗顔を行う
  2. 蒸しタオルで髭を温める
  3. シェービング剤を塗る
  4. 順剃り→逆剃りでカミソリを滑らす
  5. 肌を保湿して仕上げる

ポイントは蒸しタオルで髭を温めることです。これにより、ヒゲが柔らかくなり、剃りやすくなります。またシェービング剤を使用することでさらにはの滑りが良くなり肌へのダメージを最小限に抑えることが可能です。

最後は、しっかり保湿して肌のバリア機能を向上させましょう。

日常的に保湿を心がける

日常的に保湿を心がける

日常的に保湿を心がけることで埋没毛を予防することができます。保湿をすることで毛穴の上で角質が作られにくくなり、毛が埋没してしまうことを防ぐことができます。

保湿の方法は洗顔後と入浴後が良いでしょう。洗顔後は肌が乾燥しやすくなっているからです。保湿方法は、まず洗顔後化粧水で水分を補います。そのあと乳液などで保湿をしましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣を見直す

生活習慣が乱れていると正常に肌のターンオーバーが行われず、古い角質が残りやすくなります。

角質が残ってしまうとそれが固まってしまい埋没毛に繋がります。ターンオーバーが乱れる原因は以下のものがあります。

  • 寝不足
  • 疲労
  • ストレス
  • 過度のアルコールとたばこ
  • 無理なダイエット

こういった生活習慣をしているとターンオーバーが乱れて埋没毛を引き起こしてしまうだけでなく、肌荒れの原因にもなってしまいます。

埋没毛(埋もれ毛)ができた男性の体験談

口コミ
男性
男性

埋没毛はターンオーバーで塞がった毛穴が開けば毛は表面に出てくるし、放置してたらそのうち出てくる可能性があるけど、一番は医師に相談することだと思います。 自己処理で傷が付いたり、乾燥していると埋没毛になりやすいので脱毛するか肌に負担の少ない電気シェーバーで処理、保湿をしてください。

男性
男性

毛抜きで簡単にぬけるから、ずっと毛抜きで抜いていたけど埋没毛になってしまった・・・。痛いし痒みもあるからみんな毛抜きでは脱毛をやらない方がいいよ

男性
男性

埋没毛にならないように、まずは自己処理を見直した方がいい。カミソリでの剃毛も毛に沿ってちゃんと処理した方が良いし、毛抜きやブラジリアンワックスとかで脱毛はしない方が良い。 自分は埋没毛が目立った時かなり汚く見えた。今はレーザー脱毛して綺麗になってるけどね。

男性
男性

埋没毛が目立ったから毎回毛穴から埋没毛を外に出して自己処理してたけど、ある時そこからばい菌が侵入して赤く腫れあがってしまった。自分で薬塗って治そうとしてたんだけど、ドンドンひどくなって結局手術して膿を取りました。 今でもその傷が残ってて後悔している。

男性
男性

毎日カミソリで剃ってたら埋没毛が目立つようになってしまった。色々と肌のトラブルが心配だったからレーザー脱毛で全部処理しました。 今はすっきりしてヒゲも生えてこなくなったので脱毛してよかったと思います。

髭の埋没毛に関する疑問を解決

髭の埋没毛に関する疑問を解決

Q,皮膚の下でどれくらい伸びる?

埋没毛

A,埋没毛は皮膚の下で成長し続けます。

渦を巻いて成長し長くて3㎝程度の埋没毛もあるようです。皮膚の下に埋まっていてもそのうち出てくる場合がありますが、伸び続けていたら怖いですね。埋没毛は早めに脱毛で処理した方が良いかもしれません。

Q,家庭用脱毛器で埋没毛になるって本当?

家庭用脱毛器

A,家庭用脱毛器を使用して埋没毛になってしまう可能性はあります。

これは家庭用脱毛器の性能によります。性能の良い家庭用脱毛器であれば肌へのダメージを極力する無くすることができるのですが、性能の低い家庭用脱毛器は肌へのダメージが強いです。

肌にダメージを与えてしまうことが埋没毛につながるため、家庭用脱毛器で埋没毛になってしまう可能性はあります。

あまりにも安い家庭用脱毛器は購入を控えた方が良いかもしれません。

Q,自然になくなることはある?

A,自然に埋没毛がなくなることはあります。これは肌のターンオーバーの仕組みにより古い角質がなくなって、埋没毛が表面に出てくるようになるからです。

中には埋没毛は体内に吸収されるという情報もありますが、吸収されることはありません。埋没毛が毛根から離れ、肌のターンオーバーにより角質と一緒に剥がれ落ちていくことがあるため、吸収されたと勘違いしてしまう人も多いようです。

髭の埋没毛は皮膚の下で延々と成長する

髭の埋没毛は皮膚の下で延々と成長する

皮膚の下を這って伸びる髭

埋没毛は皮膚の下で伸び続けてしまいます。埋没毛は毛穴から毛が出ることができず皮膚の下で渦を巻くようになります。

長くて4㎝ほどの埋没毛になりますが、延々とずっと伸びていくわけではありません。あるところで毛が毛根から離れるのでそこからは伸びずにしばらく皮膚の中でとどまります。

ターンオーバーにより、角質が徐々に生まれ変わっていく過程で古い角質を一緒に剥がれ落ちていきます。

埋没毛は普通の髭の3倍の長さ

埋没毛は普通のヒゲより長い傾向になります。これは埋没毛が渦を巻いて成長し続けるからです。普段のヒゲは毎日の髭剃りで剃るので長くなることはありませんが、埋没毛は髭剃りで剃ることができません。

そのため日を重ねるごとにドンドン成長してしまい、自然と抜け落ちたり、外に出てきたころには通常の髭より長くなっています。長いもので4㎝程度になるものもあります。

埋没毛はヒゲ脱毛のときどうなる?

埋没毛はヒゲ脱毛のときどうなる?

脱毛の効果はあり

埋没毛があるとヒゲのレーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛が受けられないと思っている人もいると思いますが、受けることができます。ただし、サロンでは埋没毛が多いと断られてしまう可能性があります。

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は毛のメラニン色素(黒色)に反応して熱を毛根に伝え脱毛する仕組みです。埋没毛も皮膚の上から黒色が確認することができるため、レーザーや光が反応し、毛根に熱を伝えることが可能です。

そのため埋没毛もレーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛で抜くことができます。

ずっと毛穴が黒いままに

ずっと毛穴が黒いままに

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛で毛根にダメージを与え抜くことができますが、埋没毛は黒く皮膚の下に残ってしまいます。

これは、埋没毛は毛根が毛穴から離れたとしても皮膚の下に残ってしまうからです。そのためレーザー脱毛後、他の毛がポロポロと抜けていく中、埋没毛は皮膚に残ってしまいます。

しかし効果がなかったわけではありません。そのうち肌のターンオーバーにより古い角質と一緒に剥がれ落ちてしまいます。

埋没毛の予防はサロン・クリニックの脱毛が一番

脱毛サロン、脱毛クリニック

埋没毛の予防と処理はサロンやクリニックでの脱毛が一番いいです。ここではその理由を説明します。

脱毛が埋没毛効果的な理由

①毛根に直接ダメージを与える

毛根に直接ダメージを与える

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は肌に余計なダメージを与えず埋没毛の毛根に直接ダメージを与えることができます。これはレーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛がメラニンに反応する仕組みになっているからです。

埋没毛は肌の下に埋もれてしまっていますが、表面から毛を確認することができるため、レーザーや光に問題なく反応し、毛根にダメージを送ることができます。

②肌ダメージが少ない

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は肌にダメージを与えにくいです。肌にもメラニンが含まれていて、レーザーやフラッシュの光で肌が乾燥してしまいヒリヒリとした症状は出てしまいますが、肌を傷つけたりはしないので埋没毛が悪化してしまうことがありません。

しかし、肌のケアはとても大切です。乾燥肌はバリア機能が低下しているのでレーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛の後はしっかりとした保湿が必要です。

③ヒゲそのものが生えなくなる

ヒゲそのものが生えなくなる

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛をすると、ヒゲが生えなくなります。休止期の毛穴から数年後毛が生えてくることはありますが、大きな減毛効果は期待できます。毛が生えなくなるということは、埋没毛ができる可能性もありません。

それどころか毛が生えなければ髭剃りによる肌荒れなどもなくなるため、綺麗で清潔な肌を保ち続けることができます。

ヒゲ脱毛で埋没毛が治った男性の口コミ

ヒゲ脱毛で埋没毛が治った男性の口コミ
男性
男性

埋没毛が気になってレーザー脱毛しました。自己処理をするとほんとひどくなるよ。って先生に言われたのでやらなくてよかった。レーザー脱毛も痛かったけどすっきりしたし、これから髭剃りも楽になると思うとやってよかったと思います。

男性
男性

自己処理をしている人がいれば、いますぐやめた方が良いと思う。見た目がどんどん汚くなるし、さらなる埋没毛になるし、時間もかかるし・・・それならもう脱毛した方がいいと思う。多少お金はかかるけど効果は期待できるよ。

男性
男性

カミソリで毎日処理してたらいつの間にか埋没毛がちらほらできてました。 気になるし、埋没毛があると髭もきれいに剃れないしと言う感じで思い切ってレーザー脱毛で処理しました。 ツルツルになり埋没毛も解消されて、看護師の人からこれからも埋没毛になることはないですよと言われた時はちょっと嬉しかったです。

男性
男性

髭の埋没毛は見た目が気になるから何とかしたくて、 色々ネットで調べると、自己処理だけは絶対やめといた方がいいという情報がたくさんあったので、レーザー脱毛で処理することを決めました。 埋没毛がスッキリ解消されてやってよかった。

男性
男性

レーザー脱毛は最初にお金かかるけど、埋没毛解消だけじゃなく髭剃りの時間も短縮されて、カミソリ代とかも節約されるから本当におすすめ

本気で治すなら脱毛で綺麗な肌を手に入れる

本気で治すなら脱毛で綺麗な肌を手に入れる

埋没毛の原因はほとんどが髭の自己処理による肌のダメージが原因です。肌にダメージがある自己処理の方法は絶対にやめましょう。

もし埋没毛になってしまったら、自分で処理するのは危険です。さらなる埋没毛や肌トラブルを引き起こしてしまいます。

埋没毛は自分で解決せず、脱毛のプロにお任せしましょう。あなたも本気で埋没毛をどうにかしたいのであればクリニックやサロンの脱毛で綺麗な肌を手に入れましょう。

ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛