脱毛コラム

Column

更新

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

最近は、昔と比べてずいぶん「脱毛」というものが一般的になってきました。当店では、男性に向けて脱毛サービスを提供させていただいていますが、脱毛することのハードルが下がっており、多くの方がツルツルの肌を手に入れています。 そんな中で登場してきたのが「家庭用脱毛器」です。家庭用脱毛器は、自宅にいながら脱毛することができるということで、非常に普及が進んでいます。しかし実は、インターネットなどでは、あまり語られることのないデメリットが家庭用脱毛器にはいくつかあるのです。 そこで今回は、サロンでの脱毛と比べて、家庭用脱毛器での脱毛には、どのようなメリットやデメリットがあるのかという点を詳しく紹介していきます。

目次

  1. 家庭用脱毛器のメリット
  2. 家庭用脱毛器のデメリット
  3. 脱毛はプロに任せて行うことをおすすめします!

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器のメリット

 まずはじめに、家庭用脱毛器を使用するメリットをご紹介していきます。

ここでは、一般的にメリットと言われていることを紹介していきますが、後述するように実はその点がデメリットとなり得る場合もあるので注意してください。 

何と言っても手軽

家庭用脱毛器を利用することの大きなメリットとして挙げられるのは、やはり「手軽」ということでしょう。

まず購入の面に関して、今はインターネット通販などを活用して家庭用脱毛器を購入することができます。

また、使用の面に関しても、自宅にいながら自分が気の向いたタイミングで脱毛できるので、その手軽さは非常に魅力的です。

サロンなどに通うには、どうしても事前にしっかりと予約を取ったうえで通わなければならないので、仕事などが忙しくて予定を立てるのが難しいという方もいると思います。そのような場合に、家庭用脱毛器は力を発揮するかもしれません。

一般的に安いと思われている

家庭用脱毛器の次のメリットとして挙げられるのは、「安い」ということでしょう。しかし、このメリットには大きな落とし穴があります。

みなさんは、「家庭用脱毛器=安い」「脱毛サロン=高い」というイメージを持っていませんか?それが実は間違いなのです。

家庭用脱毛器が脱毛サロンなどと比べて安いというイメージを持つのは、脱毛器の本体価格だけで判断してしまう点が挙げられます。確かに本体価格だけ見ると、今は数万円で購入できる家庭用脱毛器も増えてきており、それを使って全身を脱毛できるので、一見するとサロンに通うより安いように感じるでしょう。

家庭用脱毛器には2つの種類があり、どちらのタイプも脱毛するためには、継続的に費用が発生します。

カートリッジ式家庭用脱毛器

1つ目の種類は、「カートリッジ式」の家庭用脱毛器です。カートリッジ式家庭用脱毛器は、本体とは別に本体に装着する「カートリッジ」を購入して利用します。そのカートリッジは消耗品のため、一定期間使ったら新しいものを購入しなければなりません。つまり、脱毛が完了するまでそのカートリッジを買い続けなければならないのです。

デメリットでも挙げることになりますが、家庭用脱毛器はどうしても効果の面でサロンに劣る傾向にあるので、脱毛するには長い期間が必要になります。そのため、カートリッジも必然的にたくさん買わなければなりません。そうなると、カートリッジも1つ1万円程度するので、費用としてかさんでしまいます。結果としてサロンに通うより高くなり、「これならサロンに通っておけばよかった」と後で後悔する方も多いのです。

使い切りタイプ家庭用脱毛器

 2つ目の種類は、「使い切りタイプ」の家庭用脱毛器です。これは、先ほど紹介したカートリッジが本体と一体になっているタイプになります。使用できる期間は、カートリッジ式の1回分よりも長いですが、使い切るたびに数万円の脱毛器を購入しなければならないので、こちらも結果としてサロンより費用がかかる場合が多いです。

このように、「家庭用脱毛=安い」というイメージは、あくまで初期投資にかかる費用からくるものであって、その後の維持費などを考えると決して安いものではありません。

その点、当店では予定していた回数の施術が終わった後も、何度でも通常料金の80%オフで施術を受け続けることが可能です。つまり家庭用脱毛器よりお得に脱毛できるため、費用面に関してもお客様のご期待に添えると考えています。

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器のデメリット

次は、家庭用脱毛器のデメリットについて紹介していきます。脱毛は、肌に直接行うものなので、家庭で行うことで以下のようなデメリットがあることはしっかりと把握しておきましょう。 

肌トラブルを引き起こす危険性

肌トラブル

 家庭用脱毛器を利用して自分で脱毛をする際に、最も気を付けなければならないのは「肌トラブル」です。

当店のような脱毛サロンでは、もちろんお客様に脱毛効果を実感していただくためにより良い施術を日々研究しているのですが、それと同時に力を入れているのが施術後の「アフターケア」となります。

施術後には、炎症をしないようにするクリームや、保湿クリームを塗りますが、家庭用を使用して、アフターケアを怠ってしまうと肌トラブルに見舞われてしまうこともあるため注意が必要です。

肌トラブルの危険性

また、脱毛をする際は1回1回の施術の間隔が非常に重要。あまりに短い期間(例えば2日に1回など)で脱毛してしまうと、肌への負担が大きくなってしまい、さらに肌トラブルの危険性が高まります。

当店では、スケジュール管理をしながら施術を行っていきますが、自分で脱毛するとなるとどうしてもおざなりになってしまうことも…。

こういった安全面から考えても、自宅で家庭用脱毛器を利用して脱毛するというのはある程度危険があり、そのリスクまで自分で背負う必要があるのです。

費用対効果が低い

費用対効果

 次のデメリットは、「費用対効果が低い」ということが挙げられます。家庭用脱毛器が決して安いものではない、ということは先ほど説明した通りですが、「家庭用」とついているだけあって効果もあまり実感できないものが多いです。

家庭用脱毛器の多くが、特殊な「光」を肌に照射して脱毛を行います。大まかな仕組みとしてはサロンなどで受ける施術と同じなのですが、大きく異なるのは照射する「光の強さ」です。

当店のようなサロンでは、最新の脱毛器を導入し、安全でかつより高い効果を実感できるレベルの光を照射して脱毛を行っています。もちろんプロが施術を行うからこそできることです。

家庭用脱毛器では、あまりに強すぎる光を照射してしまうと危険を伴うことから、弱い光しか照射できません。そうすると、どうしても脱毛の効果を得るまでに時間がかかってしまう、もしくは最悪の場合、効果を実感できずお金だけを無駄にしてしまうこともあります。

実際に、「家庭用脱毛器で脱毛しようとしたけど、効果がなかったからサロンに来た」というお客様は非常に多いのです。

このように、費用対効果・コストパフォーマンスに優れているのは間違いなくサロンでの脱毛だと考えています。

痛い

痛い

世の中には数多くの家庭用脱毛器が出回っていますが、そのほとんどが「痛い」と言われています。家庭用脱毛器の弱点である「脱毛効果」を高めるために、なるべく照射出力を高めた結果、特に毛が濃い部分に照射すると強い痛みが発生してしまうのです。

こういったことを防ぐためにも、家庭用脱毛器を利用している方の中には、脱毛する1時間以上前から保冷剤などで患部を冷やしてから照射していきます。 

面倒な手間

しかしサロンでの脱毛の場合、そのような面倒な手間をかける必要は一切ありません。特に当店で使用している脱毛器は、十分な脱毛効果を得られるにもかかわらず「ほとんど痛みがない」、ということで多くのお客様に支持をいただいてるため、何のストレスもなく脱毛できます。

どうしても続かない

家庭用脱毛器の最後のデメリットは、「どうしても続かない」ということです。家庭用脱毛器で脱毛する場合は、痛みをなるべく減らすために保冷剤などで冷やし、実際に悪戦苦闘しながら脱毛を行い、肌トラブルを防ぐためにいつもより入念に保湿ケアなどを行います。

脱毛する部位にもよりますが、それを2週間に1回や1ヶ月に1回行わなければなりません。そこまで頑張ったにもかかわらず、あまり効果を実感できないと、長続きしない方も多いのです。 

このような自己管理はどうしても中途半端になりやすい傾向にあります。中途半端になってしまえば、もちろん脱毛器の購入にかけた費用も無駄になってしまうでしょう。

その点、脱毛サロンであれば、面倒な準備も施術に悪戦苦闘する必要もありません。さらに、確実にお客様に脱毛効果も実感していただきアフターケアも対応。お支払いいただいた費用に対するリターン(脱毛効果)はお約束いたします。

脱毛はプロに任せて行うことをおすすめします!

脱毛はプロにお任せ

確かに、手軽に脱毛に触れることができる家庭用脱毛器に魅力があることは事実ですが、脱毛を決意する方は「しっかりと脱毛したい」と思っている方がほとんどだと思います。そのような場合、脱毛効果に不安のある家庭用脱毛器はあまりおすすめできません。やはり脱毛サロンでご自分が納得できる施術を受けるのが一番です。

当店では、お客様にご納得いただいた上で施術を行うために、無料のカウンセリングを行っているので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛
ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛