脱毛コラム

Column

更新

メンズ脱毛に副作用はあるのか?

メンズ脱毛に副作用はあるのか?

脱毛は、ムダ毛処理の方法として、非常に有効なものです。しかし、物事にはよい点と悪い点があるもの。 メンズクリアは脱毛のリスクも知っていただき、納得の上で脱毛していただくことが望ましいと考えています。 そこで、「脱毛の副作用」についてをご紹介。 また、「こんなうわさを聞いたけど、これって本当?」という疑問にも答えていきます。

目次

  1. 副作用その1.痛みややけど、赤みについて
  2. 副作用その2.毛が生えてこなくなる

副作用その1.痛みややけど、赤みについて

脱毛による痛みに注意!

1.光脱毛とレーザー脱毛について

光脱毛の副作用は?

光脱毛は、比較的安全な脱毛方法として知られています。

なぜなら、光脱毛が働きかけるのは「黒い色素」に対してなので、それ以外の部位にはあまりダメージがないから。

しかし、肌にとって「刺激」となるのはまぎれもない事実・・・。

このため、人によっては、赤みが出たり、少しひりつくような痛みが出たりすることはあります。

また光脱毛は、照射するときにレーザー脱毛ほどではありませんが、「照射を受ける痛み」があります。

光脱毛は、痛くない。

火傷については、メンズクリアでは心配ありません。

ただし、日焼けをした状態の肌だと、どうしてもリスクは高くなります。

これを避けるための方法として、光脱毛前には「肌の状態を良好に保っておく」のがベストです。

きちんと保湿された肌は、同じ刺激を受けても痛みが響きにくくなりますし、また赤みや火傷といったトラブルも起こりにくくなります。

加えて、「日焼け対策」をしっかりすることも大切。 

光脱毛の光は黒い色素に反応して攻撃し、これを抜け落ちさせるものです。 

このため、肌が日焼けしていると、その色素に反応して攻撃を開始してしまいます。

日焼けした肌の色素に反応!

攻撃をされると痛みも強くなりますし、肌荒れを引き起こすことにもつながります。

だから、脱毛期間中はしっかりと日焼け対策をしましょう。 

ちなみに日焼け対策として極めて有用な「日焼け止め」ですが、これには「強さ」があります。

私たちはしばしば、「強ければ強いほどいいだろう」と考えてしまいがちですが、あまりにも強すぎる日焼け止めは、肌に負担をかけます。

特に、脱毛後の肌は敏感ですから、意識して選びたいものです。  

2.ニードル脱毛について

ニードル脱毛の副作用は?

ニードル脱毛にも、当然デメリットがあります。

ニードル脱毛は「針を差し込んで処理していく」、という方法のため、痛みは非常に強く出るんです。

痛みには個人差がありますが、「ニードル脱毛はレーザー脱毛よりも痛みが強い」とよく言われています。

ちなみにここでは「ニードル脱毛」と言っていますが、現在は絶縁針を使った「絶縁針脱毛」が広く知れています。

従来型のものとは異なり、針自体に絶縁加工が施されているため、肌トラブルは大きく軽減されました。

3.毛抜きによる脱毛

毛抜きでの副作用は?

毛抜きによる脱毛も、痛みを伴います。

しかし痛みよりも厄介なのは、肌トラブルの原因となりやすい、という点です。

毛抜きで引き抜いた毛をよく見ると分かりますが、表面に出ている毛そのものより、根元の方が太くなっています。

この「太い根元」を毛穴から無理やり引っこ抜くわけですから、当然、肌にかかるダメージは大きいのです。

このため、毛嚢炎になるなどのリスクも。

傷つき開いた毛穴から雑菌が入り込んだことが原因となって、埋没毛などができてしまうこともあります。

だから、毛抜きによる処理は、非常に副作用が大きいものなんです。

毛はしたのほうが太い

これを避けるためには、肌をしっかりと蒸しあげ、毛穴が開いた状態で処置することが重要です。

ひと手間をかけると、大きく肌荒れリスク軽減ができますよ。

また、処理した後はしっかりと肌を保湿し、アフターケアに努めましょう。

副作用その2.毛が生えてこなくなる

毛が生えない…

光脱毛、レーザー脱毛やニードル脱毛は、脱毛が終わると手入れが格段に楽になります。

しかし、これが同時にデメリットとなることも。

なぜなら、「毛が生えてこなくなるかもしれないデメリット」をはらんでいるからです。

ヒゲならば、たとえば、「年をとったらデザインヒゲにするつもりでいる」というような人もいるでしょう。

陰部部分の脱毛はもっと深刻です。

これは女性のVIO部分の脱毛にも言えることですが、

「前のパートナーの趣味ですべて処理をしたが、次のパートナーに『前のパートナーの趣味が反映されていて非常に嫌』と言われてしまった」

「なんだか慣れているような感じがして嫌」

「人工物めいていて抵抗がある」

として、新しいパートナーに嫌悪感を抱かれることも。

1.光脱毛とレーザー脱毛

レーザー脱毛と光脱毛は、毛はまた生えてくる

非常に難しい問題ですが、光脱毛やレーザー脱毛については「永久脱毛」とは言えない部分があります。

なぜなら、これらの処理方法で処理をした場合でも、毛の再生率が少なくなるだけで、まったくの無毛状態にはならない、ということもあり得るから。

ただし、基本的には「手入れがラクになり、毛の量が減る」といった状態にはなります。

また光やレーザーを使った脱毛の場合、個人差や、何回受けたかによって効果の出方は大きく異なる場合も。

そのため、一概に、「生えてこない」「生えてくる」と言い切ることはできません。

ただ、光脱毛やレーザー脱毛の場合、まったく無毛の状態にまで持っていかず、「これくらいの薄さで構わない」と、途中でやめることも可能です。

2. ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛は、永遠に毛が生えてこない

ニードル脱毛の場合、原則として、一度脱毛した部分のムダ毛は再生しません。

これはニードル脱毛の持つもっとも大きなメリットなのですが、同時にデメリットにもなり得ます。

つまり、VIO部分などをこれで脱毛してしまうと、もう「毛のある状態」に戻すことは原則としてできないのです。

これはヒゲ部分の脱毛についても同じこと。

ニードル脱毛の場合、「どこを、どのように、どこまで処理するか」ということを、処理前にしっかりと考えなければなりません。

もしもあなたが「ヒゲをデザインしたい」と考えているのなら、事前の計画は非常に重要です。

3.毛抜きによる脱毛の場合

毛抜きで抜いても、また生えてくる

毛抜きによる脱毛でも、毛根から毛が抜けるため、「2度と生えてこないのではないか」と考える人もいるでしょう。

しかし、毛抜きの場合は、毛を育てる器官そのものにはアプローチしませんから、永久脱毛の効果はありません

毛抜きで抜いたヒゲやVIO部分の毛はまた生えてきます。

このため、「もう毛が生えないのではないか」と思い悩むことはありませんよ。

ただし眉毛などの場合は、あまりにも毛を抜きすぎると生えにくくなることがあります。

加減はしましょう。

ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛
ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛