ヒゲ脱毛 MEN'S クリア

メンズ脱毛が最安値のメンズクリアは業界最安値に挑戦中!
新宿でメンズ脱毛や男性のヒゲ脱毛をお考えならメンズクリア
新宿店にお任せ下さい。

  • お気軽にご相談ください!
  • 営業時間:12:00~21:00
  • 03-6908-9099
ご予約お問い合わせはこちらから

脱毛をした日は飲酒してもいいの?

2017年10月5日 コラム

脱毛する前日・当日に飲酒をしてはいけないというのを脱毛サロンの注意事項によく記載されています。人によってはどうしてダメなのか、脱毛をした後は飲酒しても大丈夫なのかといった疑問を感じるのではないでしょうか?

脱毛をした後に一杯やりたいなと感じる方も中にはいると思うので、今回は脱毛をした日は飲酒してもいいのかという疑問を解決していきます。

1.どうして脱毛を行う上で飲酒はNGなのか

そもそも、脱毛を行うのに飲酒がどうしてNGかが曖昧という方も多いのではないでしょうか?大きな理由として、

・肌へのダメージを少なくする
・ムダ毛の処理に支障をきたさない
・脱毛サロンに行く上でのエチケット
・脱毛当日のコンディションを整えるため

という4つの点が挙げられます。それを踏まえた上で細かな部分の説明をしたいと思います。

(1) 肌へのダメージを少なくする
アルコールを摂取することでホルモンバランスが崩れ、肌にダメージが加わりやすくなります。なので、脱毛前日・当日の飲酒はNGです。痛みや痒みが強くなってしまうと、折角のフラッシュ脱毛も十分な効果を得られずに終わってしまうといった可能性も出てきます。そういったことを避けるために飲酒した人への施術を拒否するお店が大半です。

(2) ムダ毛の処理に支障をきたさない
脱毛前日・当日に飲酒を行うと、酔ってムダ毛の処理が行いにくくなるという場合も出てきます。剃り残しがあると、脱毛を拒否されたりします。ましてや、カミソリや電気シェーバーで剃り負けして肌を傷つけてしまうと目も当てられません。

特に陰部やヒゲ脱毛を行う際は注意が必要です。これらに共通しているのは肌が薄いという点で他の所に比べて剃り負けが起こりやすいというのが挙げられます。ムダ毛の処理でケガをしないためにも、飲酒は控えましょう。

(3) 脱毛サロンに行く上でのエチケット
二日酔いの状態でお酒の匂いが強い場合、他のお客様の迷惑となる可能性があり、施術をお断りする可能性があります。

(4) 脱毛当日のコンディションを整えるため
飲酒を行うと、中々眠れなくなる可能性が出てきます。結果、疲れが残った状態で脱毛サロンに行くことになります。

2.脱毛を行った後は飲酒してもOKなのか

どうして、脱毛前日・当日に飲酒はNGかおわかり頂けたと思います。
次は、脱毛を行った後の飲酒はについて密着していきます。

(1)脱毛を行った後もその日はNG!
フラッシュ脱毛は肌への負担が少ないとはいえ、油断は禁物です。飲酒を行って痒みや赤みといった症状が強くなる可能性があります。そうならないためにも、脱毛を行った日は飲酒しないようにしましょう。ここは脱毛を行う前と共通している部分です。その他にも、体の水分を奪い、肌を乾燥させるというのも理由として含まれます。

(2)いつになったら飲酒できるのか
脱毛を考えている方の中には、いつ飲酒したらいいのかと疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?原則として、脱毛を行ってから12時間を過ると飲酒は可能です。飲酒したい場合は翌日以降となってくるでしょう。

脱毛を行う際は何回かサロンに行くことになります。
その都度、飲酒は控えていただいています。

3.コンディションをしっかりと整えた状態で脱毛を

脱毛前日・当日はしっかりとコンディションを整えないといけません。ましてや肌へのダメージを与えてしまう飲酒はもっての外です。原則、脱毛を行った日は終日飲酒をしないというのを頭に入れておくと良いでしょう。

どうしても飲酒を行いたいという方は脱毛してから12時間を過ぎてから飲むようにして頂けたらなと思います。綺麗になるためには、多少の我慢は必要になります。

ブログのカテゴリをお選びください