ヒゲ脱毛 MEN'S クリア

メンズ脱毛が最安値のメンズクリアは業界最安値に挑戦中!
新宿でメンズ脱毛や男性のヒゲ脱毛をお考えならメンズクリア
新宿店にお任せ下さい。

  • お気軽にご相談ください!
  • 営業時間:12:00~21:00
  • 03-6908-9099
ご予約お問い合わせはこちらから

脱毛前後にしてはいけないこと・注意点

2018年4月27日 コラム

当店のフラッシュ脱毛では、光をお肌に照射して脱毛を実現します。最新の機器を使って施術を行っているので、痛みもほとんどありません。また、お肌トラブルがないようにアフターケアまでしっかりと行っています。

しかし、当店が施術当日に行えることにも限界があります。特に、脱毛前や脱毛後の過ごし方については、お客様自身に気をつけていただかなければならない点がいくつかあります。施術前のカウンセリングでも説明させていただきますが、今回予備知識としてあらかじめ理解していただきたいと思い、紹介させていただきます。

脱毛前にしてはいけないこと・注意点

まずは「脱毛前」にしてはいけないことや注意点を紹介していきます。以下の点を押さえておかないと、脱毛の効果を半減させてしまう可能性があるので気をつけましょう。

毛抜きやブラジリアンワックスなどを利用した自己処理

脱毛の施術に際しては、あまり毛が長い場合、ある程度の長さまでカットしていただくようお願いする場合があります。それは、毛を短くすることで光が毛根に届きやすくなり、脱毛の効果を最大限まで発揮できるからです。

しかし、毛抜きや最近流行っているブラジリアンワックスを活用して自己処理をしてしまうと、逆に施術の効果を下げてしまうおそれがあります。それどころか、肌を傷つけてしまい、最悪の場合は施術をできなくなってしまう危険もあります。

毛抜きやブラジリアンワックスは、毛を毛根から抜ききってしまいます。毛根から抜ききることで脱毛できるような気がしますが、フラッシュ脱毛のように毛根を死滅させるわけではないので、再び毛が生えてきます。また、一気に毛根を抜ききるため、脱毛サロンでの施術と比べて肌への負担が大きくなってしまい、肌トラブルにもつながりやすくなります。さらに、自宅で行うということでアフターケアなどがおろそかになりがちです。その結果、「埋没毛」などのトラブルで脱毛期間が予定よりも長くなってしまうおそれもあります。

以上のような危険があるため、施術前の自己処理に関しては、はさみなどで短くそろえる程度にしておいてください。

過度な日焼け

施術前に関する次の注意点は、「過度な日焼け」です。脱毛の仕組みを簡単に説明しておくと、毛の黒い色素に光が反応して脱毛を実現しています。そのため肌が黒く焼けていると、毛だけでなく肌にも光を照射することになってしまい、光が分散してしまいます。その結果、脱毛効果が落ちてしまいます。また、肌に光を照射することで、痛みも強くなり肌トラブルを引き起こす危険が高まります。

日焼け直後は、肌が赤くなるという方もいると思いますが、その状態も施術をすることができません。肌が赤くなっているということは、軽いやけどを起こしているということであり、その状態に光を照射するとさらに熱がこもり炎症につながるからです。

これからの季節は暑くなるので、施術前1週間は特に紫外線対策をしっかりと行ってください。

特定の薬の服用

みなさんが服用している薬の種類によって、健康障害や色素沈着などの肌トラブルを引き起こすことがあります。具体的には、「風邪薬」「鼻炎薬」「血行促進剤」「うつ病薬」などの服用は危険とされています。

だからといって、さまざまな理由からその薬を服用している方も多いと思います。それにもかかわらずいきなり自己判断で服用を止めてしまうと、病気を悪化させてしまう可能性もあります。薬の種類によっては、12時間以上前であれば飲んでも良い薬もありますので、服用している薬がある場合は事前のカウンセリングの際に伝えていただけますようお願いいたします。

予防接種

夏はあまり受けることはないかもしれませんが、予防接種を受けた直後も施術を行うことができません。予防接種の直後は、実際にその菌を体内に入れて抗体を作っている状態なので、体調の変化が顕著と言われています。その期間に施術を行うことで、何かしらのトラブルが起こってしまう危険があるからです。

目安としては、施術の1週間以上前には予防接種を終わらせておいてください。

飲酒

次の注意点は「飲酒」です。基本的に、施術の前日はお酒を飲んではいけません。

飲酒によって血行が良くなり、肌が敏感になります。そのため、普段は感じないような痛みを感じることがあります。また、飲酒によって体内の水分が奪われてしまい、乾燥肌につながることもあるので施術前の飲酒は控えましょう。

脱毛後にしてはいけないこと・注意点

次は、脱毛の施術を受けた後にしてはいけないことや注意点を紹介していきます。先ほど紹介したように、施術を受けることでお客様の肌はとても敏感な状態になっています。そのため、施術後にもいくつか気をつけていただかなければいけないことがあります。ぜひ以下の点については最低でも理解しておいてください。

血行が良くなる行為

脱毛後の注意点として最初に挙げられるのは、「血行が良くなる行為」全般です。少しアバウトな表現ではありますが、施術によって肌に光を照射している関係で肌には熱がこもっています。それにもかかわらず、さらに血行を良くしてしまうと、炎症などにつながる危険性があります。施術後はなるべく患部を冷やすようにしてください。

「血行が良くなる行為」は、具体的には「お風呂」「激しい運動」「マッサージ」「サウナ」「岩盤浴」などが挙げられます。施術後1週間程度は控えるようにしてください。

予防接種

予防接種は脱毛前と同様の理由なので詳しくは省きますが、予防接種を受ける場合は施術後1週間から10日程度あけるようにしてください。

過度な日焼け

日焼けに関しても脱毛前と同様です。肌をやけどさせることになるので、施術後も日焼けには注意してください。

雑菌などが多い施設

施術直後は肌がデリケートになっており、少しの雑菌が入っただけでも化膿や炎症を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、雑菌などが多い施設にはなるべく立ち入らないようにしてください。

具体的には、プールや銭湯など、不特定多数の人が出入りする場所がこれにあたります。特にこれからの季節は、暑くなるにつれてプールや海に行く方が増えると思います。施術直後には予定を入れないよう気をつけましょう。

施術当日にしてはいけないこと・注意点

最後に施術当日にしてはいけないことや注意点を紹介していきます。施術当日にしてしまうと、スムーズに施術することができないことがあるので、以下の点には気をつけておいてください。

飲酒

先ほど施術の前日はお酒を飲まないようにしてください、とお願いしましたが、当然当日お酒を飲んだ状態では施術を行うことはできません。飲酒をして血行が良くなった肌に施術を行うと、普段よりも肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうからです。

ムダ毛処理・シェービング

先ほど説明したように、ムダ毛が伸びてしまっている場合は、施術前にある程度の長さまでムダ毛を処理していただいています。しかし、当日の処理やシェービングはおすすめしません。

多くのお客様がカミソリや髭剃りなどでシェービングをすると思いますが、少なからず肌を傷つけています。その状態でフラッシュ脱毛をすると、普段よりも大きな負担を肌に与える危険性があります。そのため、ムダ毛の処理などは前日までに終わらせておいてください。

しっかりと準備して納得の脱毛をしよう!

脱毛は、肌に直接光を当てて施術を行うため、事前・事後共に気をつけなければいけない点がいくつかあります。それを怠ってしまうと、肝心の脱毛の効果を損ねてしまうばかりか、肌トラブルを引き起こす原因にもつながりかねません。逆に言えば、いくつかの点をしっかりと押さえておけば、脱毛の効果を最大限まで発揮することができるということです。

当店としましても、お客様に脱毛の効果を最大限実感していただくために、漏れがないよう説明させていただきたいと思っています。事前のカウンセリングでは、お客様の疑問点にすべて答えさせていただきます。気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ブログのカテゴリをお選びください