ヒゲ脱毛 MEN'S クリア

メンズ脱毛が最安値のメンズクリアは業界最安値に挑戦中!
新宿でメンズ脱毛や男性のヒゲ脱毛をお考えならメンズクリア
新宿店にお任せ下さい。

  • お気軽にご相談ください!
  • 営業時間:12:00~21:00
  • 03-6908-9099
ご予約お問い合わせはこちらから

ヒゲの処理について

2018年3月18日 コラム

「ヒゲの処理」は、男性にとって非常に大きな関心事だと思われます。
ここでは、この「ヒゲの処理」について見ていきましょう。

やっぱり王道? カミソリでの処理

男性のムダ毛処理に関する統計は、女性のそれほど多くはありません。
しかし女性の場合、「口周りの処理はカミソリで行っている」という人が75.4パーセントであるという統計結果(ネットリサーチディムスドライブが2010年の6月に、8334人を対象として行ったアンケート)が出ていますから、男性の場合もこれとあまり変わらないのではないでしょうか。

実際、カミソリでの処理は非常に手軽です。
家で気が向いたときに行うことができますし、かたちなどの調整もしやすいという特徴があります。
また、ほかの方法に比べると非常に安価です。極論から言えば、100円のカミソリ1本で出来てしまいます。そのうえ、即効性があり、剃ったらその場ですぐにきれいにすることができます。おまけに小回りもききますから、出張などにも持っていきやすいという特徴があります。

このように、カミソリでの処理は、利便性と安価さ、手軽さ、即効性を兼ね備えていると言えるでしょう。

ただ、カミソリにも問題点はあります。

そのもっとも大きいものは、やはり、「カミソリ負け」でしょう。
どれほど優れたカミソリであっても、そしてどれほどちゃんと保護をしていたとしても、カミソリは「肌の表面も一緒に削ってしまう」ものであることには間違いありません。そのため、しばしばカミソリ負けを引き起こしてしまいます。
また、切れ味のよくないカミソリを使っていたり、少し丁寧さが足りない剃り方をしていたりした場合、ヒゲがカミソリに引っかかって引っこ抜け、血が出てしまうということもあります。

また、金属アレルギーの人にとっては、カミソリでの処理は非常に危険です。

もう1つ、カミソリでの処理の場合、「皮ふの下にヒゲの黒さが残る」というデメリットもあります。もともとヒゲが薄い人ならばあまり気にならないかもしれませんが、皮ふの下に埋もれた毛が目立ってしまうことも。

出展:ネットリサーチディムスドライブ「『女性のムダ毛』に関するアンケート」
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2010/100916/

抑毛ローションと除毛クリームはどう?

もう1つ、自宅での処理方法として取り上げられるのが「抑毛ローション」と「除毛クリーム」です。これは、「塗って処理をする」ということに関しては同じですが、その方向性はまったく異なります。

抑毛ローションの場合、「これを塗ることによって、今後生えてくるムダ毛を細く薄くする」というものです。このような特性を持っているため、自然にムダ毛を薄くすることができるというメリットを持っています。自己処理の手間を大きく軽減することができるアイテムだと言ってもよいでしょう。
また、抑毛ローションの場合、ほかのあらゆるムダ毛処理方法に比べても、肌への負担が少ないのが大きなメリットです。なかには、肌を保護・ケアする役目を持つものすらあります。

ただ、この抑毛ローションは、もともと毛の薄い女性には効果的なのですが、男性にとってはなかなか扱いにくいものでもあります。
抑毛ローションはほかの方法とは異なり、即効性のあるものではありません。加えて、その効力はほかの方法に比べてずっと弱いため、もともと毛の濃い男性にとっては効きにくいのです。ましてや、箇所は、男性のムダ毛のなかでも特に濃く、太く、強い部分である「ヒゲ」です。「体質的に非常にヒゲが薄い」という男性の場合はともかく、そうでない人にとっては、抑毛ローションだけで処理をしていくことは極めて難しいと言えるでしょう。

では、除毛クリームの方はどうなのでしょうか。
これは、「ムダ毛に含まれているたんぱく質を溶かして、ムダ毛をなくす」という方法です。即効性があり、かつ広い範囲に対して塗布ができるため、非常に効果的です。また、個人差はあるものの、かなり効果が高く、実際に「除毛クリームでヒゲをきれいに除去することができた」としている男性もいます。

「どうしても明日までにきれいに処理をしたい」と考える人にとっては、除毛クリームは強い味方となるでしょう。
ただ、除毛クリームにも欠点はあります。

除毛クリームは、かなり肌に刺激を与える処理方法であるということです。除毛クリームの場合、ヒゲに含まれるたんぱく質を溶かして処理をしていきます。しかしこの「たんぱく質」は肌を構成する主成分でもあります。
除毛クリームは、「ヒゲに含まれているたんぱく質」だけを選択して溶かすことはできません。そのため、肌のたんぱく質も溶かしてしまいます。
このような処理方法であるため、肌に負担がかからないはずがありません。除毛クリームを塗った後の肌はピリピリと痛がゆさがある、と指摘する声もあります。場所が「顔」であるため、この点に不安を抱く人も多いのではないでしょうか。また、合う・合わないが出やすい処理方法でもありますから、除毛クリームの扱いは慎重に行うべきです。
必ず、「顔に使える除毛クリーム」を選びましょう。

ニードル脱毛による処理

「電気針脱毛」「絶縁針脱毛」とも呼ばれる方法です。
これは、非常に細い針を毛穴に差し込んで行う処理方法です。この針から電気を流し、毛に栄養を供給する毛乳頭を破壊します。
これにより、ムダ毛は生えてくることができなくなります。

この方法は、ほかの方法では処理できないムダ毛を処理することができる方法でもあります。硬毛化したムダ毛もすぐに取り去ることができますし、色が濃くなっている部分への施術も可能です。さらに、細かい部分(眉上など)に対しても脱毛処理を施すことが可能です。

そのうえ、ニードル脱毛は、ほかの方法とは異なり、「永久脱毛」を謳うことができる唯一の方法である、とも言われています。
毛穴に働きかけ、ムダ毛が生えるための組織を根本から破壊するものであるため、ニードル脱毛で適切に処理された毛穴からは、原理上、二度とムダ毛が生えてきません。
さらに、ニードル脱毛はどのような毛でも1本ずつ確実に処理をしていけるという特徴があります。

狭い部分に、濃く、強い毛が生える男性のヒゲ部分の脱毛方法としては、非常に理想的なものだと言えるでしょう。
ニードル脱毛によって1本ずつ処理をしていけば、確実に、そして永久的にきれいなムダ毛のない顔を作り出すことができます。

ただし、この方法にもデメリットはあります。

一般的に医療レーザー脱毛は光脱毛に比べて痛みが強いと言われていますが、ニードル脱毛の場合、それに輪をかけて強い痛みが出ると言われています。特に場所が「顔」ですから、その痛みもクリアに伝わってきます。

また、ニードル脱毛は、「1本ずつ処理をする」という都合上、どうしても時間がかかります。また、価格が読みにくいのもデメリットです。多くのところでは「1本あたり500円」というようにしていますが、自分のヒゲの本数を正確に把握している人は決して多くはありません。

このことから、ニードル脱毛は、「時間をかけてもいい、とにかく永久的にきれいな肌を手に入れたい」「ほかの方法では効果が実感できなかった、お金をかけても絶対に処理をしたい」といような、ある種の「覚悟」が持てる人向きだと言えるでしょう。

なお、ニードル脱毛は医療行為にあたります。脱毛エステサロンではなく、脱毛クリニックで受けるようにしてください。

医療レーザー脱毛による処理

強いレーザーを照射して、ムダ毛を処理していく方法です。医療機関でのみ行うことができる方法であり、脱毛エステサロンではこれを行うことはできません。

医療レーザー脱毛は光脱毛よりもずっと強力であるため、濃く強いヒゲに対しても効果的に働きかけます。なかなか処理しにくいヒゲもきちんと処理できることから、非常に人気の高い処理方法です。
また、医療機関で受けることになるため、安全性も高く、安心して施術に臨むことができるのも大きなメリットだと言えるでしょう。医療レーザー脱毛は効果が高いため、脱毛エステサロンでの脱毛と比べて、通う回数が少なくなるという特徴があります(同等の効果を得ようとした場合)
また、金属は使いませんから、金属アレルギーの人でも安心して受けることができます。

ただ、医療レーザー脱毛の場合、その強力な効果ゆえ、痛みが強く出やすいというデメリットがあります。ほかの部分ならば耐えられた人であっても、場所が「顔」であること、またヒゲは強く太いため痛みが強く出やすいことから、かなりつらい思いをする人がいるのも事実です。

また、1回の料金は、医療レーザー脱毛の方が光脱毛よりも高い傾向にあります。もちろん、「費用対効果」という面で見た場合、必ずしも「脱毛エステサロンの方が脱毛クリニックよりも安い」とまで言うことはできませんが、1回の出費が大きくなる傾向にあるため注意が必要です。

光脱毛での処理と、メンズクリアの特徴

最後に、「脱毛エステサロンでの光脱毛」について取り上げましょう。

光脱毛も、医療レーザー脱毛と同じく、「肌に光(レーザー)を照射させて、ヒゲを抜け落ちさせる処理方法」であることは変わりありません。
ただ、光脱毛で使われている機械は、医療レーザー脱毛のそれよりもずっと弱いものです。そのため、同じ効果を得ようとするのであれば、脱毛エステサロンでの光脱毛の場合は脱毛クリニックよりも長く通う必要があります。また、脱毛エステサロンの脱毛は、国家資格を持っていなくても施術が可能という特徴があります。

ただ、光脱毛にもメリットはたくさんあります。

まず、医療レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて痛みが少ない、ということ。ヒゲは太く黒いうえに丈夫な部分ですからどうしても痛みは走りますが、効果が弱い分、痛みもマイルドです。「顔」というデリケートな部分であっても、それほど大きなストレスを感じることなく施術を受けることができるでしょう。また、レーザー脱毛と同じく、金属アレルギーの人でも受けることができます(光アレルギーの人は要相談)

光脱毛はレーザー脱毛よりも威力は弱いのですが、受け続けていくうちに、どんどんきれいになっていきます。ムダ毛の量が減り、ムダ毛も柔らかくなっていくことが期待できます。そのため、自己処理を併用する場合も、格段にラクになるという特徴があります。

もっとも、ここまでお話ししても、光脱毛はニードル脱毛とは異なり、「一度受けたら、もうそこの毛穴からはヒゲが生えてこないもの」ではありません。また、レーザー脱毛とは異なり、威力が強いものでもありません。加えて男性のヒゲというのは女性のムダ毛に比べて非常に強いものです。そのため、「値段の安さにつられて脱毛エステサロンでのヒゲ脱毛を契約したけど、コースが終わってもまだ残っている」「満足できる出来にはならなかった」ということはよくあり、しばしば問題にもなっています。

しかし、光脱毛を扱う脱毛エステサロンであるメンズクリアでは、この不満を解消する画期的なプランを打ち出しました。

それが、「永久ヒゲ脱毛コース」です。
これは、最初に99800円をお支払いいただければ(月定額プランも可能です。この場合は7000円×16回支払い)、その後で何回脱毛を受けても追加料金はかからない、というものです。
このコースならば、
・光脱毛ならではの痛みの少ない脱毛
・光脱毛の持つ「効果が薄い」という欠点の解消
を両立させることができます。
どれだけヒゲが濃い人であっても、そして痛みに弱い人であっても、自分が納得いくまで、追加料金なしで通っていただくことができるのです。

ちなみに、「一部分だけを処理したい」という方には、あご下・首/口周りセット(あご・鼻下・口下)/ほほ&もみあげセット(両ほほ・もみあげ)の永久脱毛コースを用意しています。それぞれ29800円、39800円、39800円で提供しています。

※ここでいう「永久脱毛」はニードル脱毛のときに触れた永久脱毛の定義とは異なります。「二度と生えてこないこと」を言うのではなく、「何回でも通えるため、結果的にヒゲの処理に悩まされることがなくなる」という意味で使っています。

「完全になくさなくてもいい、量を減らしたい」という方には、「ヒゲ減耗コース」をおすすめします。これは顔全体6か所を10回脱毛することができるものです。すべてを処理しきることはできなくても、目に見えてヒゲをきれいにすることができます。毎月20名様まで49800円でお引き受けしています。
「このプランでいいかなと思って申し込んだけれど、やっぱり完璧にきれいにしたいという欲が出てきた」という人も、ご安心を。その場合は、80パーセントオフの価格で施術が可能です。

いずれのコースも、「満足のいくまできれいにすること」を、費用面の負担が少ないかたちで実現できるようにしています。
「痛みの少なさ」を実現しつつ、「光脱毛の欠点」をカバーしたメンズクリアのヒゲ脱毛を、ぜひ検討してください。

ブログのカテゴリをお選びください