ヒゲ脱毛・メンズ脱毛ならメンズクリア
公開

脇毛がチクチクかゆい!チクチクしない処理方法はこれがおすすめ!

脇毛がチクチクかゆい!チクチクしない処理方法はこれがおすすめ!

「脇毛がチクチクしてかゆい!」「チクチクしない処理方法について知りたい」脇毛について悩んでいる方にはこの記事がオススメです。この記事では脇毛がチクチクしてしまう原因と正しい処理方法を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

メンズ脱毛のお得情報

【メンズクリア】

人気NO.1 ヒゲ脱毛初回限定1,000円

【ダンディハウス】

初回体験が5000円(税抜き)!

【メンズリゼ】

ヒゲの永久脱毛が月々3000円から

脱毛くん
脱毛くん

はじめまして!メンズ脱毛のお得情報について紹介しましたが、いかがでしょうか?メンズ脱毛経験者の私が、オススメするメンズクリアは、様々なキャンペーンも行なっているので要チェック!メンズクリア以外にも他のサロン・クリンニックの料金比較もしているのでぜひ見て頂きたいです!

メンズクリアのキャンペーンはヒゲ脱毛 通い放題コースがかなりお得になっています。

先着10名限定となっていますのでお早めに!!

加えて初回は最大80%OFFの1000円でヒゲ脱毛ができます。

既に脱毛を始められている方は通い放題コース・これからの方は初回限定料金で体験してみてはいかがでしょうか。

メンズクリアの公式サイトへ

【メンズ脱毛】 サロン・クリニックの料金比較

クリニックサロン

ヒゲ脱毛

VIO

すね毛

メンズクリア

5,980円

(1回あたり)

16,225円

(1回あたり)

15,800円

(1回あたり)

RINX

5,980円

(1回あたり)

21,000円

(1回あたり)

15,800円

(1回あたり)

ゴリラクリニック

11,466円 

(1回あたり)

44,000円

(1回あたり)

30,000円

(1回あたり)

メンズリゼ

19,960円

 (1回あたり)

19,960円

 (1回あたり)

19,900円

(1回あたり)

ダンディハウス

22,000円 

(1回あたり)

22,000円 

(1回あたり)

22,000円

(1回あたり)

メンズTBC

26,000円

(200本) 

対象外

26,000円

(200本) 

メンズクリア初回限定最大80%オフとお得なキャンペーンを行っております。

新店舗拡大中でキャンペーンが多くお得な時期なのでメンズクリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ヒゲ脱毛ならメンズクリアへ!

メンズクリア

サロン名

メンズクリア

脱毛料金

ヒゲ脱毛 5,980円(1回あたり)

VIO 16,225円(1回あたり)

すね毛 15,800円(1回あたり)

営業時間

12:00〜21:00(定休日:水曜日)

メンズクリアの公式サイトへ

目次

  1. 脇毛のチクチクは正しい処理で解消できる!
  2. 脇毛のチクチクは毛の形が原因
  3. 脇毛がチクチクしない自己処理方法7選
  4. 脇毛処理でチクチクした時の対処法
  5. 脇毛がチクチクしてかゆい原因
  6. 脇毛処理によるチクチク以外の肌トラブル
  7. 脇毛のチクチクに悩む男性は多い
  8. 男性が脇毛を処理するメリット
  9. 脇毛のチクチクは処理法を選んで対策

脇毛のチクチクは正しい処理で解消できる!

脇毛のチクチクは正しい処理で解消できる!

脇毛の処理をした後、脇がチクチクしてかゆくなることがあります。毎回脇毛の処理を行うたびに起こるあの嫌なチクチクは、どうにかして対処できないものかと悩む方も多いはず。

この脇毛のチクチク毛の形状と処理方法が密接に関係して起こります。脇毛の処理は人によって様々な方法で行われていますが、あの嫌なチクチクを回避する方法はあります。

これから紹介する正しい処理方法で脇のチクチクを解消しましょう。

脇毛のチクチクは毛の形が原因

脇毛のチクチクは毛の形が原因

通常の毛先は丸く太い

伸びたまま処理をしていない脇毛は、よく見ると先端が筆のようになっていて丸みを帯びています。そのため、自然に脇毛が生えてきてもチクチクすることは一切ありません。

そして、全ての体毛には毛周期があります。伸び切るまでの成長期、成長が止まる退行期、抜け落ちるまでの休止期の3期です。1本の脇毛は退行期から休止期を経て、再び成長期に入るまでに約4か月を要します。脇毛は比較的成長が早くすぐに伸びてきます。

毛先が尖るとチクチク感が増す

鋭利なカミソリなどで脇毛を剃ると、一見脇毛はすっきり綺麗になくなります。しかし、鉛筆の先を削ったように毛先は太いままで尖った状態になります。この毛先が脇を刺激し、あのチクチクの原因になっているのです。自然に伸びる脇毛がチクチクしないのは、毛先をカットしていないためです。

カミソリでの処理は危険

カミソリを使っていくら脇毛を剃っても、毛先が丸くなることはありません。そのため、元々毛が太い人はよりチクチクしやすくなるため、カミソリでの処理はおすすめできません。また、カミソリでの脇毛の処理は、肌の黒ずみ毛穴のブツブツ色素沈着などのトラブルの原因にもなります。

脇毛がチクチクしない自己処理方法7選

脇毛がチクチクしない自己処理方法7選

ここでは脇毛がチクチクしない主な自己処理方法を7つ紹介します。自分に合った脇毛の処理方法を見つける参考にして下さい。

処理方法

効果

処理頻度

手軽さ

おすすめ度

ヒートカッター

1か月半に1回

除毛クリーム

週1回

ブラジリアンワックス

2~3週に1回

バリカン 

週1回

すきカミソリ

週1回

家庭用脱毛器

2週間に1回

抑毛ローション

個人差あり

毎日

×

①ヒートカッター

ヒートカッターの特徴

アンダーヘアの処理を想定して作られたものですが、脇毛やすね毛などある程度長さがある部位にも使えます。先端がコーム型になっており中に熱線が入っていて、毛をコームで溶かしながら焼いてカットします。

ヒートカッターのメリットは、処理後に毛先が丸くなるため、チクチクせず肌の黒ずみなどのトラブルが起こりにくいことです。しかし、この方法はあくまでも毛を残す処理であるため、無毛状態にはならず5ミリほどは毛が残ります。

また、1回の処理では5~10本程度しか剃れませんので、脇全体の処理にはかなりの時間がかかります。さらに持続性がないため、頻繁に自己処理が必要になります。

ヒートカッターの使い方

  1. カットしたい部分の毛先を指でつまみます。
  2. その内側にコームを通します。
  3. 熱で毛がカットされます。

自己処理するときの注意点

少量ずつカットしていくのが上手く処理するコツです。また、ヒートカッターは、元々直接肌に熱線が触れることのない様な作りになっています。しかし、処理時には焦げた臭いが発生し、下着に臭いが移ってしまうことがあります。

②除毛クリーム

②除毛クリーム

除毛クリームの特徴

除毛クリームの有効成分が、毛のタンパク質を分解し溶かすことでムダ毛を処理します。カミソリやシェーバーに次いでお手軽な処理方法です。また、クリームで溶かされた毛先は丸くなり、チクチクがなく毛穴にまでは作用しません。

また、持続性はおよそ3日から1週間ほどで、処理頻度は1週間に1回のペースが理想です。カミソリなどと比較するとケガのリスクもなく、カーブしているお肌にも使いやすいです。

除毛クリームの使い方

  1. 除毛する部分にクリームを塗ります
  2. 時間をおいてから拭き取るか洗い流して終了

自己処理するときの注意点

直接肌に塗布し数分間そのままにするため、肌が弱い人は肌荒れする可能性があります。また、毛穴が広がってしまい、処理後のトラブルが起きやすいのがデメリットです。

③ブラジリアンワックス

③ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスの特徴

ビキニラインのアンダーヘアを処理するためのものですが、身体全体にも使えます。ワックスの種類は添加物不使用のものや、保湿成分が多く配合されているものなどがあります。

ブラジリアンワックスは普通の除毛クリームとは違い、食べても安心な天然の原料でできており、保湿成分などお肌に優しい成分が配合されています。

また、ヘアが1cm以上ないとできず次の施術までに1か月以上開ける必要があります。

ブラジリアンワックスの使い方

  1. ヘラに容器からワックスを適量取ります。
  2. ヘラの面を使って脱毛したい部分にワックスを均一に薄くに伸ばします。
  3. ワックスを塗った上にワックスシートを当て、毛流れに沿って数回撫でて密着させます。
  4. シートを貼ったら、時間を置かずに毛の流れに逆らうように勢いよくシートを剥がします。

自己処理するときの注意点

この方法はワックスシートを使って毛根から毛を引き抜く方法ですので、多少の痛みと刺激が伴います。肌が弱い人は事前に必ず狭い範囲でパッチテストを行って下さい。特にトラブルが心配な人は、痛みが比較的少ない水性タイプのワックスがおすすめです。

また、厚塗りは絶対にしないで下さい。そして、ワックスシートを剥がす時は、真上ではなく肌と平行になるように引っ張ると毛が綺麗に抜けます。脱毛後はしっかりと保湿をしましょう。

1回で抜けなかった部分は別の処理が必要になります。

④バリカン

バリカンの特徴

男性が脇毛の処理をしようとする時、1番手っ取り早いのがバリカンです。

自然な仕上がりが期待でき処理後にチクチクしません。また、バリカン専用のアタッチメントで、安全に好みの長さを調整しやすいのがメリットです。

バリカンの使い方

  1. 好みの長さのアタッチメントを装着します
  2. 脇毛の流れに逆らうように毛を立たせながらバリカンをあてます
  3. 最後に脇毛の流れに沿って撫でると全体的に自然に仕上がります

自己処理するときの注意点

バリカンを強く押し当てると肌に負担がかかりますので注意して下さい。

⑤すきカミソリ

すきカミソリの特徴

主にすね毛を処理する時に使い、刃の種類が2種類あり好みで使い分けができます。目の粗い方は少量ずつ長めにカットでき、細かい方はしっかりと量を減らすことができ、短めにカットしたい時や癖毛、細い毛などに向いています。

このすきカミソリは毛を短くして脇毛の量を減らして薄くするものですが、刃を寝かし過ぎて処理するとチクチクしてしまいます。また、脱毛クリームで処理したようにつるつるにはなりません。

すきカミソリは一般的なカミソリとは違い、刃が剥き出しになっていないため安全に使えます。

すきカミソリの使い方

  1. 毛の流れに逆らうように刃を下から上にゆっくり滑らせます。
  2. 初心者は目の粗い方で少しずつ進めた方が安全に剃れます。

自己処理するときの注意点

すきカミソリは基本的に全ての毛が同じ長さになり、1度に全体を処理してしまうと見た目が不自然になりがちです。また、処理をする前に脇毛は濡らさないようにして下さい。濡らしてしまうと上手くすくことができなくなります。

⑥家庭用脱毛器

⑥家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の特徴

自宅で脱毛が気軽にできる機械です。脇毛に光を照射し毛の産生能力を無くす原理です。手間はかかりますが、肌に負担がなくおすすめの処理方法です。

家庭用脱毛器には色々な機種があります。少々高価ですがハイパワーな機種を選ぶとしっかりとした脱毛効果があります。

ただし、ある程度費用がかかるというデメリットもあります。

家庭用脱毛器の使い方

  1. まずは処理する部分のムダ毛を剃ります。
  2. 照射レベルを設定します。
  3. 保冷剤で照射する部分を冷やします。
  4. 脱毛箇所を少しずつずらしながら、光を照射していきます。
  5. 照射後は再び保冷剤で冷やし保湿をします。

自己処理するときの注意点

施術する時は同じ部位に何度も照射しないようにしましょう。また、危険なので光を直接見ないようにして下さい。家庭用脱毛器は安全な機械ですが万全ではありません。必ず商品に添付の使用方法をよく読んでから使用しましょう。

⑦抑毛ローション

⑦抑毛ローション

抑毛ローションの特徴

女性ホルモンの働きをする成分を肌に塗布し、毛の成長を抑えるものです。毛を生えにくくしたり、毛を細くしたりする効果があります。肌に負担がかからず手軽に使えるのがメリットで、カミソリなど他の処理のアフターケアとしてよく使われます。

また、持続性や処理頻度には個人差があり、あくまでも毛の生えるスピードが遅くなる程度の効果しか期待はできません。

抑毛ローションの使い方

  1. まずはローションが浸透しやすいようにムダ毛の処理をします
  2. 抑毛ローションを塗布したら終了

自己処理するときの注意点

全く効果がない人もいますので、約2カ月継続して変化がなければ、中止した方が良い場合もあります。また、効果があっても使用を中止した時点で元通りに毛が生えてきます。

脇毛処理でチクチクした時の対処法

脇毛処理でチクチクした時の対処法

脱毛処理をした後、脇毛がチクチクしてしまった時はどのように対処したら良いのでしょうか。

ここではその対処法について紹介します。

脇毛処理の頻度を増やす

人によって脇毛の生え方は千差万別、脇毛の処理頻度も違います。多くの人はだいたい3日に一回や、一週間に一度処理しているのではないでしょうか。

しかし、中には夜に脇毛の処理をしたのに、次の日の夕方にはもうチクチクしてくるという人がいます。そのような人は脇がチクチクすることに敏感になり、ムダ毛処理の頻度をできるだけ多くしようとします。

頻度を増やして過剰にムダ毛処理をしてしまうと、それだけで肌を傷める原因になります。

脱毛サロンでプロに脱毛してもらう

脱毛サロンでプロに脱毛してもらう

脇毛の自己処理は肌のトラブルが起きやすく時間と手間もかかります。脱毛サロンではプロのスタッフが一人一人のお客さんの肌質を見て、それに合わせて施術をします。そのため、お肌のダメージを軽減しながら脱毛が可能です。

また、脱毛サロンで処理してもうと、処理後のアフターケアが万全で安心です。

脱毛サロンの特徴

脱毛サロンでの施術は、レーザー脱毛より痛みが少ない光脱毛の施術がメインです。

サロンでは主に以下のような4種類の機械が使用されています。

使用する機械

IPL方式

SSC方式

ハイパースキン方式

SHR方式

効果

痛み

一瞬の軽い痛み

ほぼなし

なし

なし

必要回数

約2か月に1回

約2週間~1か月に1回

約2週間~1か月に1回

約2週間~1か月に1回

料金

13,000円~

1~3万円

360,000円(12回)

18,000円前後

まず一つ目の脱毛方法であるIPL方式は、インテンス・パルス・ライトという特殊な光を照射して、その光が毛根のメラニンに反応して減毛します。この方法は、フォトフェイシャルにも採用されており、美肌やシミの改善にも効果があります。

また、SSC方式はスムース・スキン・コントロール方式と言い光脱毛の一種です。この方式では毛根に光を当てるのではなく、脱毛・抑毛効果を発揮するジェルに光をあてて脱毛します。そのため、肌へのダメージが少なく痛みがほとんどない施術です。

ハイパースキン方式は毛穴にある発毛因子に直接アプローチして毛の成長を抑制する方式です。既に生えているムダ毛ではなく、次に生えないようにするための脱毛法です。そのため、毛周期の「休止期」に施術をします。痛みも少なく肌トラブルの心配もないため、日焼けした肌にもおすすめです。

そして、最後に紹介するSHR方式は、ジェルの上から広範囲に連続的に弱い光でムダ毛を弱らせます。痛みはほとんど感じず、ほんのり温かさを感じる程度です。

しかし、この施術は機器が高額なため、設置している店舗がまだ少ないです。

また、SHR方式は毛周期に関係なく施術ができるため、施術期間が大幅に短縮されます。日焼け肌の人でも施術が可能です。

脱毛サロンでの施術は、全て共通して毛根へアプローチします。そのため、施術後チクチクする心配は全くありませんし、ムダ毛の自己処理の手間から解放されます。

脱毛サロンは毛量調整もできる

脱毛サロンでは施術回数や範囲を変えることで、脇の毛量などを自由に調整できます。ただツルツルにする永久脱毛だけでなく、自分の理想通りの毛量で脇毛を薄く保つことができるのです。

また、脱毛サロンでは脱毛後のアフターケアで、美肌効果のあるローションやクリームを使いしっかりケアしてくれます。脱毛と同時に肌まで綺麗になったという相乗効果があったという人はとても多いです。

脱毛すれば自己処理がラクになる

何回かサロンで施術をしていくと、ムダ毛の量が減ってきて自己処理がとても楽になります。サロンにもよりますが施術頻度はおよそ2~3か月に1回程度です。今までの苦労が嘘のように脇毛処理で肌が荒れたり、時間を取られたりすることがなくなります。

家庭用脱毛器は好きな時にいつでも脱毛できるのがメリットですが脱毛効果を得るには時間がかかります。そのため途中で挫折してしまう人が多いです。

一方、脱毛期間や施術時間が短く効果が高いのが脱毛サロンです。また、費用の面でも何年も脱毛クリームを購入するより、結果的にサロンなどで永久脱毛をした方が安く済みます。

脱毛効果も合わせて考えると、専門家の施術による脱毛サロンに勝るものはありません。

脇毛がチクチクしてかゆい原因

脇毛がチクチクしてかゆい原因

脇毛のチクチクの原因を具体的に見ていきましょう。脇毛の自己処理がいかに肌に負担をかけているのかがよくわかります。

脇毛部分がかゆいのは炎症が原因

脇は摩擦が多くとても蒸れやすい部位であり、毛穴の炎症によって化膿性汗腺炎になりやすい場所です。また、汗が皮膚に付着すると皮膚の表面がアルカリ性になり、細菌が繁殖しやすくなります。

そして、脇にかゆみが出るとどうしても掻いてしまい、余計かゆみが増してしまうという悪循環に陥ります。また、かゆみだけでなくそこから膿が出たり、重症化すると痛みが出てきます。

脇の皮膚は薄くてデリケート

脇の皮膚はとてもデリケートで薄いため、少しの刺激にもとても弱いです。また、脇の下はふだん人目にさらす部位ではないため、症状が悪化してしまいがちでです。脇は1度炎症を起こしてしまうと改善するまでに時間がかかります。

そのため、脇毛の自己処理はなるべく負担にならない処理法で行うべきです。また、何度も繰り返して処理をしてしまうと、肌に相当なダメージだけが残り綺麗な仕上がりは期待できません。

毛穴から雑菌が入ることも

間違ったムダ毛の自己処理をすると、傷ついた毛穴から雑菌が入り膿が溜まってしまうことがあります。また、脇の下の毛穴が広がってしまい、汚れが溜まってしまう原因にもなります。

皮膚が傷つき乾燥している

カミソリなどで間違った自己処理をすると、ムダ毛と一緒に肌の表面の角質層まで削ってしまいます。

皮膚の表面には皮脂膜で覆われた角質層があります。皮脂膜は保湿クリームの役割りがあり、角質層から水分が逃げないようなバリアの役目をしています。

角質層が傷つくと肌のバリア機能が弱まり乾燥しやすくなります。さらに、皮膚の乾燥が重症化すると、皮脂欠乏性湿疹を引き起こします。

カラ剃りは肌トラブルの要因に

カラ剃りは肌トラブルの要因に

肌に何もつけず乾いた状態で直接カミソリを使うと、カミソリの滑りが悪く刃がお肌にひっかかりやすくなります。カラ剃りは、角質層を傷つけ乾燥肌を引き起こし肌トラブルの原因になります。

また、毛流れと反対に刃を動かす逆剃りや、カミソリで傷ついたお肌に再びカミソリを使う二回剃りはお肌のトラブルになるので、絶対に避けて下さい。

入浴中の処理は避けた方がいい

入浴中にムダ毛処理をしている人はとても多いです。実は入浴中の処理は避けた方が良いのです。

その理由は、お風呂は湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい環境雑菌だらけだからです。

特に、お肌がカミソリ負けで傷付いている状態だと、炎症や感染を起こしやすい環境です。

また、お風呂に入る前に処理しようという人もいますが、入る前であってもお風呂の環境には変わりがないためでやはり避けた方が無難です。

脇毛処理は肌をいたわる事前準備が大切

脇を自己処理する時は事前準備をしておくことをおすすめします。あらかじめ脇の下に蒸しタオルをあてるか、お風呂にしっかり浸かり毛穴を充分に開かせてから行いましょう。

このひと手間だけでも脱毛の肌への負担が軽減され、肌をいたわりながら脇毛処理ができます。

また、専用のジェルやソープなどを使い、充分に肌を潤した後に剃るようにして下さい。

脇毛処理によるチクチク以外の肌トラブル

脇毛を自己処理すると、チクチク以外にも次のような肌トラブルが起こりがちです。ムダ毛処理と聞くと、肌トラブルを連想してしまう人がいるほど、自己処理は肌に多くの負担をかけています。

埋没毛

埋没毛
埋没毛

脇のムダ毛を自己処理したら、埋没毛になってしまった経験のある人は少なくありません。埋没毛は、その名の通り皮膚に毛が埋もれてしまう状態です。

脇に黒いポツポツができて、見た目にも恥ずかしい状態になってしまいます。しかし、埋没毛は無理やり抜こうとすると肌を傷つけてしまい、やればやるほど増えてきます。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎

脇毛の処理をした後、適切な処置をせずにいると毛穴は開いた状態のままです。この開いてしまった毛穴から細菌が入り込んでしまい、毛包が炎症を起こしてしまうのが毛嚢炎です。毛嚢炎が悪化すると化膿して膿がたまってしまいます。また、気になって触ってしまうと余計痕が残ってしまいます。

また、毛嚢炎はニキビと似たような症状ですが、ニキビは毛穴が詰まった状態で炎症がないものも該当します。

色素沈着

脇毛処理は肌にとても刺激を与える行為です。炎症してしまった肌は、シミのような色素沈着を起こします。日焼けをすると肌が黒くなりますが、黒くするのがメラニン色素と呼ばれるものです。脇毛の自己処理をやり続けると、肌にメラニンが沈着してしまい黒ずんできます。

メラニンの発生を抑えるためには、なるべく肌に刺激を与えないことが大切なのです。

脇毛を抜くのは危険?抜き方の注意点とデメリット

メンズ脱毛

脇毛を抜くのは危険?抜き方の注意点とデメリット

意外と知られていないのが正しい脇毛の抜き方です。脇毛を抜くことには危険もたくさん潜んでいます。今回は、脇毛を抜く際に気を付けていただきたい注意点とデメリットを徹底解説。また、脇毛の正しい抜き方を詳しく紹介していきます。

脇毛のチクチクに悩む男性は多い

脇毛のチクチクに悩む男性は多い

脇毛の処理で悩んでいるのは女性だけではありません。脇毛が気になる多くの男性は、自己処理をした結果チクチクをとても不快に思っています。

脇毛処理に関心のある男性は増えている

男性は身だしなみとして、脇汗と臭いを気にしてる人がとても多いです。制汗剤や脇毛処理で何とかしようと自己処理をした結果、チクチクや肌のトラブルになってしまっているようです。

また、最近は脇毛処理をする男性が増えており、それだけ男性は脇毛処理に関する情報に注目していると言えます。

自分流の処理ではトラブルを招きやすい

多くの男性は一番手っ取り早い方法として、カミソリを使った脇毛の自己処理をしている人がとても多いです。しかし、カミソリなどで脇毛を剃ると、毛先がチクチクします。また、男性に全く脇毛がない状態もあまり自然ではありません。

また、1番厄介なのはカミソリにより肌に負荷がかかり、肌のトラブルを招きやすくなることです。

脇毛処理について誰にも相談できない人も

男性はワキガや脇汗などで悩んでいる人が多く、何とかできないかと悩みながら自己処理を続けている人もいるでしょう。しかし、世間的には「男性であれば脇毛は生えていて当たり前」だという認識があるため、脇毛処理について誰にも相談できない男性が多いのが現実です。

また、服からはみ出している男性の脇毛に嫌悪感を抱いている女性は意外と多いものです。そして、女性が男性の脇毛処理に対して、あまり良い印象を持っていないことも男性は知っています。

男性が脇毛を処理するメリット

男性が脇毛を処理するメリット

女性と同様に、脇毛で悩んでいる男性は少なくありません。男性が脇毛を処理するメリットとして次のようなことが考えられます。

匂いを軽減できる

男性の一番多い悩みは脇汗の問題です。脇には汗腺が集中しており、臭いの原因になる汗がたくさん出ます。脇毛が多いと絡まりやすく通気性が悪くなります。そこに雑菌が繁殖してしまい、よりきつく臭いを放つのです。

特に汗かきの男性は、自分が発する汗の臭いに敏感になります。脇毛の処理をするのとしないのでは雲泥の差があります。

女性から好感を持たれる

男性の脇毛処理の最大のメリットは、脇毛を処理することで女性から好印象を持たれることです。女性は毛むくじゃらな男性を嫌がる傾向にあります。しかし、いかにも「脇毛処理してます!」というような男性もまた、敬遠されます。

女性の理想は「手入れをしていないように見えて、実は濃くも薄くもない適度な脇毛を保っている男性」です。

Tシャツから脇毛がはみ出にくい

毛深い男性は脇毛が長く伸びてTシャツからはみ出てしまうことがよくあります。いくら頑張っておしゃれをしても、脇毛がはみ出ていると魅力が半減してしまいます。また、相手に清潔感のない印象を与えてしまいます。

脇毛を処理することは、身だしなみを整える意味もあり、また、見た目の悩みからも解放されます。

脇汗止めスプレーの効果を最大に発揮できる

男性用の様々な脇汗止めスプレーには、スプレーするものや塗るだけのタイプなど様々な製品が販売されています。しかし、どんなに高価で優秀な脇汗止めスプレーを使っても、脇毛の処理なしでは制汗スプレーの効果は発揮できません。

脇汗止めスプレーの効果を最大現に発揮するためにも、脇毛の処理は必要不可欠です。

脇毛のチクチクは処理法を選んで対策

脇毛のチクチクは処理法を選んで対策

脇毛の処理で綺麗な仕上がりにならず悩んでいる人は多いです。脇毛は自己処理を間違えると、返って毛穴を目立たせてしまい刺激により色素沈着で肌が黒ずんできます。

また、効果がないと何度も同じ処理を繰り返すと、肌が回復するまで時間もかかり負のループに陥ってしまいます。脇毛の自己処理には根気よさが必要です。また、多忙な人ほど限界があります。

1日でも早く脇毛のあの嫌なチクチクを解消するために、できるだけ時間がかからない万全な脇毛の処理法を見つけるべきではないでしょうか。

男(メンズ)が脇毛脱毛をするメリット・デメリット

メンズ脱毛

男(メンズ)が脇毛脱毛をするメリット・デメリット

男性の「脇毛脱毛」は欧米では常識ですが、日本でも最近脇毛を脱毛する方が増えてきています。しかし男性が脇毛を脱毛するメリットとは何なのでしょう?今回は脇脱毛のメリットデメリットと共に、クリニックでのレーザー脱毛とサロンでの光脱毛の費用や回数を比較し、おすすめの脇毛脱毛方法についても詳しく紹介します

ヒゲ脱毛通い放題コース
お試しヒゲ脱毛
院部脱毛